私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月28日

過去の記事95(交代で教える 協力してできることのありがたさ)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の2学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 11月7日


交代で教える 協力してできることのありがたさ



 自立課題(子どもがひとりでやる課題学習)もNewSkillの学習(教師と
子どもが1対1でする学習)も担任が交代しながらやっています。自立課
題の場合は曜日によって。NewSkillの場合は週変わりで。

 教材についてや、その日の様子は、共通のフォーマット(書類)に書き
込みます。

 先日校内研修で紹介した時に新人Aさんが「みんなで交代でやってる、
というのも紹介して欲しかったな」と言ってはりました。ほんと、これっ
てすごくいいなと思っています。

1・いろんな子どものことがよくわかる。
2・私一人がやってると記録がええかげんになるけど、他の方がちゃんと
  やってるから私もちゃんと書く(アセ)
3・私一人がやってると新しい教材をなかなか考えないけど、他の方が
  新しい教材をつけ加えて下さる(アセ)
4・子どもについての具体的な話が多くなる。

 特に3については私はついついひとつうまくいったら、それで固まって
しまう傾向があるのですが、若い人たちは「何か新しいことをしたくなって
しまう」そうで(って普通はそうなのか(笑))ほんま、いろいろ考えて
くれます。

 協力してできる、というのはありがたいです。


posted by kingstone at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事(1998年度後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック