私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月26日

ある施設長さんの言葉(人への信頼を育てて下さい)

 大昔の話です。

 夏休みの研修で、ある通所型成人施設に行きました。

 たくさんの特別支援学級の教師が参加していました。

 その施設はたいへんいい感じでした。

 場内見学をしている時、ある部屋で自閉症(たぶん)の方が作業をして
いました。若い職員の女性が少し離れた本人さんの後ろで(視覚に入らな
いためです)見守ってはりました。職員さんの名札には、当時まだそれほ
ど広まっていない「ジョブコーチ」という肩書きが書いてありました。

 私が「ジョブコーチ・・・」とつぶやくとその女性職員さんはニッコリ
しながら「まだ、何もわかりませんので教えて下さいね」とおっしゃって
ました。

 そんな施設だったわけです。

 最初に施設長さんの講話がありました。

 すごくいい感じの話でした。施設長さんは、想像するに保護者でいろ
いろ運動を重ねて施設を作ってきた、という感じがしました。特別支援
学校の校長の天下りとかいうのじゃなく。

 で、最後に(質疑応答だったのかな)学校に望むもの、とかいう話し
になりました。施設長さんはこんなことを言われました。

「集団行動ができるようにして下さい。みんなで並べるというような」

 何となくお困りの点はわかるような気もしましたが、瞬間的に私は危険
を感じました。それで

「それは危険です。そう言ってしまうと教師は無理をしても並ばせよう
 としたりします」というようなことを言いました。

 自閉症への理解とかが無いまま「並ぶこと」などを教師に希望してし
まったら、教師は「威嚇と暴力」を使おうとするのじゃないかな、と思
ってしまったのです。そこまでは説明しませんでしたが。


 とにかくその場にたくさんいた特別支援学級の教師がどう受け取るか、気になりましたので。



 施設長さんは、ちょっと考え込まれるふうでした。

 そのまま講話の時間が終わり、場内見学の時間になりました。

 施設長さんが案内して下さいました。

 いろいろ回って階段を下っている時、施設長さんが私の方をふとふり
向いて言われました。

「さっきのことだけど・・・人への信頼感を育てて下さい」

 ああ、それを全員の教師に言って欲しかったな、と思いました。

 なんせ、階段の途中で、私と一対一みたいな状態で言われましたので。

 もちろん抽象的です。しかし「人への信頼感」の無い利用者さんに困
っておられることが伝わって来ます。

 「人への信頼感」は「周囲は本人にわかるように伝える」ことと「周囲
は本人からの表現がわかる」ことを続けることからしか生まれません。







この記事へのコメント
1 ■こんにちは
 >「人への信頼感」は「周囲は本人にわかるように伝える」ことと<br />「周囲は本人からの表現がわかる」ことを続けることからしか生まれません。<br /><br />ずっと覚えておこう。<br />kingstoneさん ありがとう(*^^)v<br /><br /><br /></p>
http://ameblo.jp/eru-in-the-sky-with-diam/
Posted by eru in the sky at 2010年03月26日 16:30
2 ■Re:こんにちは
>eru in the skyさん<br /><br />いつも大量書き込みですいません(^_^&#59;)<br /><br />あせってるわけじゃないのですが、過去の記事シリーズもまだ10月半ばだし・・・<br /><br />いやはやすんませんです。<br /></p>
http://ameblo.jp/kingstone/
Posted by kingstone at 2010年03月26日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック