私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月25日

過去の記事63(午前の学習 変更初日・整理整頓)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の2学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 10月6日


午前の学習 変更初日・整理整頓


 今日、午前の学習(ニュースキルの学習)を大幅に変更しての初日でした。
 今日は私と新人Aさんが給食室で指導にあたります。
 新人Bさんとベテランさんが教室で遊んでます。といっても、まあ遊びを
通しての指導をしている、と言ってもいいと思いますけど。実際、子どもに
よっては、教室での遊びの方が大事な子もいると思います。

 でも、まあやはり今まで教室でニュースキルの学習も遊びもやってた
時よりよっぽど落ちついてできました。

 A君とはトランプを並べる課題をしました。ダイヤとクローバーの1〜10を
使い、1から並べていきます。彼はダイヤ、私はクローバーを持ち、クリップ
をつけた台紙に交互に並べます。ターンテーキング(順番)はトランプの箱
が来たらトランプを一枚並べ、箱を相手に渡す、という方法でやりました。

 これはすぐにクリア。うむむ、何人かでゲームできるか、と胸がふくらみ
ます。

 E君は、なかなか目を使おうとしなかったのです。色の弁別の課題も間違
ってばかり。で碁石の弁別をやってみたのですが、やはり最初は目を使おう
としなかったのに、ここんとこ続けてやっているせいで、やることが
「わかって」きたのか、最初から区別して分けようとしますし、間違えた
時、指示なしで自分でじっと見つめて直し始めました。なんか感動です。

 D君は、積み木を穴に入れる課題や、輪投げのおもちゃで輪を棒に通す
課題で、今日は何か楽しそうにしてくれてました。

 Gさんは、こちらがターゲットとしている物を見てくれることが少ない
のです。しかし、学習の1回目は輪投げのおもちゃで輪を棒に通す課題
で、輪を棒の下のところに置こうとしていたのが、2回目では棒の上から
通そうとする行動が見られました。

 今日の私はこの4人と2セッションしました。

 本当のこと言うと、こういう形態の授業ができるのか、いろんな面で
不安だったのですが、やってみると子どもたちの細かいところもわかり
いいですね。

 今日の放課後、私以外の人にとってアンタッチャブルな空間だった
教室の棚を、新人Aさんの指揮のもと、整理整頓しました。私がいくら
整理しようとしても、よりカオスになっていってたのですね。で
「もう、あなたにお任せするから」とお願いして、捨てる物は捨て、
また教材を使う子別に入れる空間を作ったりしました。

 これで、教材の棚も、「みんなで」使えるものとなりました。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 チームで指導していく、というのができてきています。

 肢体不自由特別支援学校時代も、私の実践を整理整頓して下さる人
がいた時はおおいに実践が進みました。得手不得手はあるものです。




posted by kingstone at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事(1998年度後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック