私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月14日

安心・自信・自由 の話をしたら

 大昔の話です。

 知的障害養護学校(特別支援学校)での送別会で。

 送別会の少し前に長男が誘拐されかけるという事件が起きました。
(これはまた「よしなしごと」で書きますね)

 それでCAPに興味を持ち、講習会に行ってみました。
 CAPは「人権」を大事にしています。

 そして「安心・自信・自由」を大事にしています。
 安心して生活し、自信を持って生活し、自由に生活する。

 安心のポーズ。両手を交差して胸にあてる。
 自信のポーズ。ガッツポーズです。
 自由のポーズ。万歳のポーズ(両手の間隔は開いて)

 これはいい。これって学校生活でも追求するものでは。

 で、送別会の挨拶の時にこの安心・自信・自由の話をし、みんな
にポーズを覚えてもらい「みなさんも本校をこんな学校にして下さ
い。私も異動先をこんな学校にしたいと思います」で挨拶をしめく
くりました。

 校長先生は「いい話を聞いた」と笑ってはりました。

 しかし受容的交流療法がお好きな素敵な先生には「なんで、いつ
もあなたはそんなことを言うの!」と叱られてしまいました

 上から目線が嫌、みたいなことかなあ・・・
 でも言いたかったんだもん。
posted by kingstone at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック