私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月09日

マーキュリー・ライジングの最後のシーン

 マーキュリー・ライジングという映画があります。

マーキュリー・ライジング [DVD]/ブルース・ウィリス,アレック・ボールドウィン,チィ・マクブライド



 レインマンほどじゃないけど、自閉症児の描き方はなかなか良かったです。自主研修会でみんなで見たこともありました。

 本人の通っている児童センターみたいな所で、子どもがポラロイドの写真みたいなのを持って移動している様子などもあります。

 しかし、最後の場面は健常な人の願望の入ったウソだ、と思っていました。しばらくぶりに会いにやってきたブルース・ウィリスに自閉症の少年がハグしに行くところ。

 しかし「威嚇で従っていたと思われた生徒のその後(1例)後日談」のエピソードを体験すると、そういうのもあるかもしれない、と思いました。
posted by kingstone at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック