私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月09日

自主研修会

 大昔の話です。

 中学部でこんな事件が起きました。

 自閉症の生徒。音声言語はたくさんあり。人には関わろうとする。
 この生徒が、校庭で自転車に乗っていて(わざと)他の生徒をひ
く。その場にいた先生(この先生は、温厚で決して威嚇や暴力を使
う先生ではありません。他の同僚からも校長先生からもむちゃくちゃ
信頼の厚い先生でした)がその生徒を強く蹴飛ばした。

 この時は中学部会で話し合いが持たれ、職員会でも報告がありま
した。このような事件が起こっても情報共有されたり、話し合われ
たりすることは珍しいことでした。
 この先生ご自身が、そして校長先生が、これをいい機会として、
このような威嚇と暴力を無くそうと計画されたふしがあります。

 で、中学部からの報告。
「愛情を持って見守っていこう、という結論になりました」

 私は激高して立ち上がり、発言しました。

「愛情はみんな持っているんです。今までも。でもうまくいってい
 ないんじゃないんですか。まず自閉症を理解するところから進め
 るべきじゃないですか。わかりました。私は自主研修会をします。
 是非みなさん参加して下さい」

 何ともまあ、上から目線と言うか・・・(苦笑)

 この後、私が去るまで、月1回、土曜日の午後(当時は土曜日に
授業があった)自主研修会を開きました。多い時は10人くらい集
まりましたが、参加者は基本的には少なかったですね。1回だけで
すが、1人で開催場所に時間1杯座っていた、ということもありま
した。

 会に魅力が無かったのかな。それとみなさんお忙しい、というの
もあった。残っておられる人はみんな事務仕事が忙しそうだったし、
そうでない方は早く帰りたいものでしょうし。

 平日の勤務時間終了後の方が良かったかもしれない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182528935

この記事へのトラックバック