私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月07日

暖かい心?冷たい心?

 大昔の話です。

 威嚇と暴力の上手なリーダーさんがいました。

 子どもに指示したり従わせる時は基本、怖い顔をしてましたが、
いつも怖い顔ではありません。職員間で話す時はいつもニコニコし
ておられたし、子どもにもニコニコ接する時もありました。

 私が担任している自閉症のお子さんに、ニコニコしながら
「○○、次は校外マラソンがあるよ」と声をかけ、ベソベソべそを
かかす、ということをよくやってらっしゃいました。このお子さん
は、校外マラソンが嫌いだったのです。

 よく、本人の目の前で「悪口」というか「本人の嫌がること」を
言ってその場に笑いを起こし、とても和やかな空気を作りだす人が
います。人間関係もすごく良くなります。そういう方は冗談も上手
ですね。教師と児童・生徒の関係でも、そういうのを上手に使って
いる人もいます。それをねらっておられたのでしょう。

 若い女の先生も、それを見ていて「いいなあ」と思ったのか笑顔で
「○○君、次は校外マラソンがあるよ」と声をかけべそをかかせて
いました。リーダーさんは、周囲から尊敬されまねるべき見本とさ
れていたわけです。

 このエピソードだけなら、私もまっいっかあ、でほうって置いた
と思います。リーダーさんに物申すなんてできない感じでしたし。

 しかしこのお子さんに、他害行動が出て来ました。

 データを取ってみると、他の場面でもありましたが、このべそを
かかされた後も多いことがわかりました。そこでリーダーさんと若
い女の先生に
「次は校外マラソンがあるよ、と言った後、他害行動が出ているの
 で、それを言うのはやめて下さい」とお願いしました。

 ちょっとキョトンという感じでしたが、すぐ止めて頂けました。

 この場面の他害行動は無くなりました。他の場面もいろいろ対応
して無くなりました。

 よく思うのは、リーダーさんにしろ、若い女の先生にしろ暖かい
心を持っておられたんだろうな、ということ。それに比べて私は冗
談も言えないし、冷たい心の人間だったんじゃないかなあ、という
こと。これは私にとって結構コンプレックスでした。

 この例は普通(?)の人にはいいことであっても、自閉症の人に
は良くないこともある、というかより繊細につきあった方がいい、
という例になるかもしれません。診断が大事、という話しにもつな
がりますね。
posted by kingstone at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック