私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月06日

指導主事に相談をかけてみたが

 大昔の話です。

 知的障害養護学校で、威嚇と暴力に悩んでいた頃。

 教育委員会から指導主事が来られました。現場の教師を指導する
立場の方で、みなさんよく勉強しておられます。その主事さんは、
うちの学校出身とのこと。

 主事さんが歩いているところを声をかけました。

「あの、威嚇と暴力で指導する方がおられて困っているのですが・・」

 主事さんは爽やかな笑顔で答えました。

「ああ、僕もやってたしい」

 嘘やろ、と思いました。とりあえずこれ以上、話してはいけない、
と思ってその場を去りました。

 後で、長年その学校に勤めておられる先生(この先生は優しいけど
自閉症のお子さんにはどう対応したらいいか、おわかりになってなか
った先生。まあ、でも、威嚇と暴力は使われていませんでした)にお
聞きすると「いやあ、あの先生、威嚇はひどかったよ」(暴力はわか
りません)

 教育委員会にも下手には相談できないのだな、と思いました。
 ちょっとショック。

 もちろん、昔の話です。今は違っていると思います。
 ホームページを見ても、昔なら考えられないようなことが、いっぱ
い書かれてあったりしますから、今はきっと良い方向に変わっている
と思います。
posted by kingstone at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック