私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月05日

威嚇することと無表情で伝えることと2

 さて「威嚇」の方です。

 知的障害養護でベテランのよく勉強していた先生。(1年間の
内地留学もされておられます)こういう表現をされたことがあります。

「この子ら(含む自閉症のお子さん)には黙って怒った顔するのが
 ええねん。パニック起こしてる子も落ち着くで」

 さすがベテラン。経験からいいところをついています。でも、少
し表現が違っているところがあると思います。「怒った顔」という
のは私が前に書いた「無表情」「ニコニコしてない顔」「普通(?)
の顔」とほぼ同じものだと思います。

 しかし「怒った顔」と言った時、その裏に「怒った気持ち」を含
むと誤解されかねない。特に初心者には。この先生自身は演技とし
ての「怒った顔」をしていましたが。

 後、普段の行動も関係してくると思います。

 まずこの先生は少なくとも当時は視覚的な支援は使っておられな
かった。(よく勉強される方だったので今はわかりません)

 そしてどういう意味かはよくわからないのですが、後ろ向きで子
ども達をよく蹴っていた。別に子どもが何か不都合な行動をしてそ
の時に蹴る、というのではないのです。何でもない時に突然蹴られ
る。もちろん保護者のいる時などはしません。この行動は私だけが
気づいていたわけではなく後で他の先生からも「いったいあれは何
だったんだろう??」とうかがいました。まあ、私もご本人には何
も言えませんでしたが。

 これは威嚇に入ってしまうと思いますね。
 あと、数例上げます。


 これは校内のリーダー的な方が上手(?)だったのですが、指示
に従わない、あるいは先生に不都合と思われる行動をしたり、しか
けたりした時、1回目は「痛みを伴うことをして止めたり指示に従
わせたりする(これは威嚇ではなくて暴力ですね)」2回目以降は
「怖い顔」をするだけでOK。いや足音だけでOK(何がOKなの
か、よくわかりませんが)というエピソードもありました。

 この指導法については「僕は子どもに絶対悪いことはさせへんね
ん」とおっしゃってました。(ただ暴力については見えないように、
そして跡などがつかないように上手(?)にやってはりました。で
も私は見てしまったことが何度かあります)


 「怖い顔」をして「威嚇の言葉」を出して指示する。「威嚇の言
葉」は小さい声の時もあれば大きい声のこともあります。どっちに
しても威嚇してるな、というのがわかります。

 若い先生。プールの時、水に入ることを音声言語で伝えたがわか
らない(あるいは入りたくない?)でじっとしているお子さんに、
デッキブラシを振り上げる(たたくぞ、という迫力で)。お子さん
はプールに入りました。

 この例は、だいぶ後年で、私もキレてた時期なので、若い先生を
後で校舎の裏に呼んで(笑)「そういうことはしてはいけない」と
いうことを強く言いました。若い先生はびっくりされていたようで
す。そういうことを言われたことが無かったようで。(注・前にも
書きましたが当時の校長先生は職員朝集などで「体罰はいけない」
「怒声を上げて指導するのはやめるよう」という意味のことはよく
おっしゃっていました。ただそれだけでは現場は変わりにくいし、
現場で声を上げる人が必要だったのだと思います)

 私の書く「威嚇」の意味がわかって頂けたでしょうか。
posted by kingstone at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック