私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月04日

5月上旬のニュースレター

 大昔の話です。

 知的障害養護学校4年目の5月上旬頃のニュースレター(?)です。
−−−−−−−−−−−−−−−
授業などについて
                           文責・kingstone

 さて新年度が始まって1月が立ちました。そろそろ子どもたちの様子もわかって来られたことと思います。私も、個人プログラムを読み返してみて、付け足すところもいろいろあるなあ、と感じています。

 私個人としては、年度始めの組織の立ち上げや、体育祭など「全体」に関することに追われ、肝心の個々の授業についての話ができていないのが苦しいですね。課題学習についての学打ちもしよう、と相談しながら時間が取れずに来ていますし。

 現在は体育祭の授業が入ってしまっているので、授業を考えるのはほぼ「グループ学習」の時間(給食後の時間)のみですが、現在の状態、どう思われますか?

 それぞれみなさんさすがベテランで臨機応変、それぞれの子どもの課題にあった働きかけをなさっているなあ、盗ませて頂かないといけないなあ、と思いながらも、臨機応変の苦手な私はどう動いていいのかわからず、とまどっています。

 言葉にしにくいのですが、何とか言葉にしてみたいと思います。みなさんからも、何か言葉で返して頂けたらありがたいです。

 先日異動して来られたベテラン先生が

「A君がプリントができるならばそういうのも」

とおっしゃって下さっていました。ひとりひとりの個別の課題を洗い出して「ひとりひとりにあった」授業ができたら、と思っています。本当に、まずこの点に関して、相談し情報の共有化をしないといけないと思います。参考資料としてとりあえず昨年の課題学習の記録をつけておきます。

 これは「1対1」ということに限りません。それぞれの先生に1回ずつしか見て頂いていませんが、ああいう指導形態(「自立課題学習」や「1対1のNew Skillの学習」)でできることも多いかと思います。「個別教育計画の理念と実践」のコピーをお渡しした中の「V.子どもが一人で学習できる体制づくり」と「W.複数の子どもの指導」に書いてあるやり方ですね。

 またコピーについて言うと先日間違ってお渡ししたかな、と思った「第1章 調査研究の目的と方法」のところでもテーマとして「障害のある人が、現在および将来にわたって地域社会の中でより豊かなライフスタイルが実現できること」「中・重度発達障害児の社会的自立に向けての指導プロセス-年齢別の中心課題とその対応-」があげられています。私たちの授業もこの方向で考えていかないとなあ、と思っています。

 また「第2章 現状の問題点と個別教育の必要性」のところも納得しながら読んでいました。

 これから「グループ学習(たぶん能力別(?)のグループに分けた学習)」も始まってきますし、計画なしでやっていくのはきついなあ、と思います。

 うーん、何か伝えたいことがうまく伝えられないもどかしさを感じています。またぼちぼち書きます。

 そうそう○月○日は、時間的にはきついのですが「お誕生会」でホットケーキを食べ、歌を歌う、ってのをやってみますか。上であんなことを書きながら、個別課題の設定は、時間のこともありあまりできないかもしれませんが。

C君の抱きつきについて

 どういう時に抱きついてくるのか、と考えてみると「やることの無い時」と感じられます。もちろん「寂しさ、心もとなさ」というのもあるとは思いますが。そこで対応として

・抱きつきはこそばしっこの時
・女性への抱きつきは握手に変えていく

としてみたいのですが、どんなもんでしょうか。

F君の衣服の着脱と靴の脱ぎ履きについて

 F君、服を着る時、靴を履く時、ついついお任せモードに入って、周囲の気になることに目がいっていることも多いです。しかし、その気になるとかなりできそう。最近ズボンをはく時にはうまくすると自分でズボンを持っていてそこに足をつっこむ仕草が出てきました。

 ひょっとして周りを囲うとより集中してできるのでは、と思い始めました。段ボールで衝立を作ったらどうかなあ、と思っています。また一度作ってみます。
−−−−−−−−−−−−−−−
 このニュースレターの結果ですが、C君については何も覚えていませんから、時間はかかったにしても問題は無くなったと思います。

 F君については衝立は効果があり、集中して着替えられるようになりました。

posted by kingstone at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック