私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年02月28日

いつもうまくいったわけじゃない

 大昔の話です。

 知的障害養護学校3年目。
 2学期からTEACCH的な取り組みをクラス全体でしました。

 もちろん、全部うまくいったわけじゃありません。
 視覚支援(見せて伝える)でも、撃沈と言うか、うまくいかなかったことも
山ほどあります。

 一番笑えたのは、1教室を大きな段ボール板をL字型にくっつけた物で、2
つに区切り休憩場所と勉強(作業)する場所を区切ろうとした時(物理的構造化
をしようとしたわけですね)のこと。

 壁は床には固定しておらず、休憩場所に入った人数が多かったので、壁がどん
どん動いてきてしまい、休憩場所は広くなるは、勉強スペースは小さくなるはで
「こらあかんな」「そうですね」と1日で止めてしまいました。

 まあ、失敗すれば、やり直せばいいだけのことです。

 この時は結局、2教室(空いていた)を使うことで解決できました。

 後、掃除のワークシステムで、1枚の紙に上から下へ書いた物を見せても
理解できなかったのが、カード1枚に1仕事を書き、それを上から下に並べたら
理解してもらえたり。

 メジボフさんだかの言葉。

「我々に失敗は無い。ただ学ぶだけだ」

好きな言葉です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック