私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年02月16日

TEACCHと人間関係

思い出したシリーズ


 ある年、特殊教育学会に行きました。

 受容的交流療法・応用行動分析・TEACCHのそれぞれの専門家
の方がそれぞれを語り、学びあおう、みたいなシンポジウムがあって
参加しました。たくさんの方が参加してはりました。

 で、TEACCHの専門家が説明の時に
「人間関係は最後に考えます」とおっしゃたのですね。

 瞬間、やばい、と思いました。

 いや、その通りなのですよ。

 TEACCHでは、自閉症の特性から始まって、個人の特徴を考え、
と順番に考えていきます。で、やりとりする方法を考え、やってみる。
ひょっとしたら、はなから人間関係なんて考えてないかもしれない。

 で、結果的には人間関係は良くなるんですよね。
 ひょっとしたら、人間関係なんて言葉には出さないけど、一番人間
関係を良くしようと思ってるかも。

 でTEACCHのことをよく理解してる人に対して言うのは全然問題
無いのだけど、その場には何も知らない現場の教師も来ているかもしれ
ない。しかも私みたいに主たる指導が「威嚇と暴力」という現場だって
あるかもしれない。(ないかもしれないけど)

 そんな人は

 あっ、人間関係は最後に考えていいのか。
      ↓
 人間関係は悪くなってもいいのか。
      ↓
 威嚇と暴力でもいいのか。(子どもが従順になり落ち着くし)

 なーんて考えないかな、と想像が頭をよぎってしまったのです。

 もちろん、専門家さんは、ひとこともそんなこと言ってるわけじゃ
無い。単に「人間関係は最後に考えます」とおっしゃっただけです。

 で、私は手を挙げて発言しました。何て言ったかは覚えてません。
 その時、上に書いたようなことを瞬間に自覚して丁寧に説明する
ことなんかできませんでした。時間も無いし・・・

 たぶん専門家さんの回答は
「TEACCHでは人間関係は最後に考えます」
みたいなことだったと思います。確かにその通り・・・

 私の隣も現場の先生が座ってはったのですが、その先生も
「あの部分は気になった」とおっしゃってました。

 もちろん私も含めTEACCH的取り組みをしてる人が
教育目標やIEPや指導の手だての書類なんかに
「人間関係をよくする」なんてことを書くことは無いでしょう。

 でも強調しておきたいのは、私の周囲のTEACCH的な取り組みを
している人は、書かなくても、言葉には出さなくても
「人間関係を良くしたい」という願いを背景に持っていたと思います。
それはTEACCHをご存知ない方に、伝えたいと思います。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック