私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年02月16日

TEACCHと人間性

 はあ、実践にたどりつけない・・・・

 思い出したところから。

 TEACCHや応用行動分析を大事にする方は、
「人間性」という言葉を使うことを嫌がる方が多いです。
あいまいやもんねえ。

 だいたい「教育は愛です」「教育は人間性です」って言われても、
どうやっていいか困るじゃ〜ん、という所から出発してるとは思い
ますもんね。

 朝日新聞厚生文化事業団から出ている「自閉症児の治療教育シリーズ」
のビデオ(※今はDVD)があります。

 私は
親のためのTEACCHプログラム』 
教師のためのTEACCHプログラム
青年期・成人期のTEACCHプログラム
を見ましたが、とても良かったです。

 で、とても印象に残っているのが、たぶん『青年期・成人期のTEACCHプログラム
の中だったと思うのですが(今、散逸してしまってすぐ出て来ないので、
確認できない・・)成人の宿泊型施設の施設長さんが

「職員(TEACCHは、だったかな)の人間性を大事にします。
 スタッフは自閉症の人が大好きなんです。これは教えられる
 ことではないので、採用面接の時に重視します」

みたいなことを語ってはったのです。
ああ、そうなんやあ、と思いましたね。
細かいところは違っているかもしれません。

 この部分って、たいていの方は気づかないみたい。専門家の方に
こんなとこありましたねえ、って言うと

「えっ、ほんまに?気づかなかった。原文(英語)ではどう言って
 るんだろう?」って言ってはりました。

 人間性って大事やなあ、と思いますね。

 あっ、ただ「自閉症の人が好き」というのは、教えることができる(?)
ことだと思ってますけど。これは別発言にします。







posted by kingstone at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック