私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年02月15日

文部省の課長さんは滅茶苦茶えらい

 大昔の役にも立たない話です。

 これもパソコン導入の番外編です。

 久里浜の特殊教育総合研究所で、文部省の課長さんの授業が
ありました。興味深い内容でした。そして最後に
「何かありましたらいつでも電話して下さい」と優しくおっしゃって
下さいました。

 学校に帰って、いよいよ予算がつくということになりました。

 ちょっとわからないことが出て来ました。
 国なのか自治体なのか。入力装置は認められるのか。(肢体不自由
養護で入力装置が認められなければ大変困る)

 学校は教頭先生の座っている前に電話があります。

 電話を取り、文部省に電話をかけました。
 課長さんにとりついで頂き、質問をしました。
 すぐに明快な答えを頂き「ありがとうございました」と言って
受話器を置きました。その瞬間

「馬鹿野郎!!何てことすんねん。課長やぞ。課長。わしらでも
 会議でお会いしても話もできひんねんぞ!でなあ、お前みたい
 なのがおるとなあ、お会いした時に、○○君は頑張っています
 ねえ、言うて皮肉な笑いをされるねんぞ!!」
教頭に無茶苦茶怒られました。

 私はひたすら謝るしかありませんでした。

 知らなかった・・電話して下さいと言われてもしちゃいけない
なんて。
posted by kingstone at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック