私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年06月17日

映画「漁港の肉子ちゃん」 声・大竹しのぶ、Cocomi





原作を読んでみようと思いました。

(西可奈子と西野カナが頭の中でごっちゃになる・・・)



ーーーーー ネタバレアリ ーーーーーー







 小学生のキクコと友達になる二宮君というの男の子が出てきます。

 チックが出てる。

 で、「児童発達センター」みたいなところに通ってます。

 二宮君本人はそこで「模型を作っている」と言いますが、西さんがどこかで聞いた、あるいは読んだ話にインスパイアされたのかな?

 私には箱庭を作っているように思えました。(たぶん、西さんがどこかで聞いた、あるいは読んだ話を元に想像して書いてはるだろうから変形されているとは思います)

 しかしなあ・・・

 例えば二宮君がすごくストレスフルな環境で暮らしていて、1週間に一度そのストレスを発散する、リラックスできる時間、場所を作る、みたいな意味だったらわかる。

 しかし、チックの原因は人さまざまで、箱庭をずっと続けていても意味無い場合もあるしなあ。

 もっと違うことに時間を使ったほうがいい場合も多いし。


 いえ、昔(2000年少し前)、知的に重い自閉症のお子さんが(何年も)月に1度、ずっとプレイセラピーを受けに行っていたり、これは最近もあったけれど知的に軽いお子さんが週に1度ずっと(何年も)箱庭を置きに行ってたり(そしてたぶん両者ともほぼ意味は無かった。そして親御さんの期待だけが空振りしていた)してたことを周囲で見てたので。

 セラピスト側が「これはこのくらいまで。次はこれやな」みたいな判断してくれな困る場合も多いと思う。

 あるいは、「別にこのままでいいじゃん」みたいな。

 なお、キクコは単に「面白い顔をする」というふうに思っていて真似をしたりもするけれど、二宮君もそれを何とも思っていない、といういい関係を作っています。

 まあもちろん二宮君が「これがしたい」と思って続けているなら意味はあるだろうとは思います。

注。私は箱庭、箱庭遊び、箱庭療法(その他ファンタジーセラピー全般)など大好きだし、ある場面でもつ大きな力も知っているつもりではあります。



posted by kingstone at 16:46| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月16日のつぶやき














































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする