私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年03月23日

完全独習統計学入門 小島寛之著




 プログラマーの世界での言葉にするなら

「完全に理解した」

(というのは、「チュートリアルを最初から最後まで通して読んだ。(しかし全然理解できていない)」という意味らしい)

 それでも、「カイ二乗」とか「t分布」という言葉だけは聞いたことがあっても、何のことか全然わからなかったのが、少しはイメージはわくようになりました。

 数式は出てくるけれど、計算しやすいような数値にしてくれてることが多いし、電卓やパソコンで表計算ソフトを立ち上げておけば、とりあえず手を動かして、自分で計算できたのも良かったです。

 でも、全ては正規分布するデータを対象としていて、正規分布しないものもあるしなあ、とかは思いました。


 私は、大学時代、政治心理学(投票行動分析)のゼミに入る希望を出していました。

 一部屋全部がコンピュータという HITAC にパンチカードで入力し、いろいろ相関を出して研究する、とかいうようなことをします。

 教授がアメリカに研究に行っている間の自主ゼミ期間に統計の勉強をしておこうと、大学の図書館の開架図書を探しましたが、蜷川虎三さんの「統計学入門」しか無く、これがまあ数学を使った統計学とは似ても似つかない内容で、結局まともに統計の勉強ができないままゼミに突入し、あまりに統計ができないために単位がもらえず、要するにゼミに入れてもらえなかったわけです。

 当時の図書館に、この「完全独習統計学入門」みたいな本があったら、そこから他の本にも勉強を広げ、人生変わっていたかも、みたいなことを思うこともあります。

 当時(1970年代後半)だったら無理だったかな?



posted by kingstone at 23:26| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月22日のつぶやき


















































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする