私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年03月22日

スクールワイドPBS 野呂文行/大久保賢一/佐藤美幸/三田地真実 訳





 この本、アメリカで2003年に出版されていて、日本語訳が出たのが2013年。

 序文に書かれた下記の、「継続させるために必要なこと」について書かれたのは1996年。



 本文は、やはり時間とかその他のリソースが足りない中で、よき実践を継続的にやっていくことのできるチームをどう作り上げていくか、ということが書かれています。

 スクールワイドということですが、福祉事業所全体で取り組むのにもそのまま使えるよなあ。

 その場合、どういう言葉になるんだろう?

 機能分析でアセスメントして、計画を作り、結果を測定する、その時に必要な具体的な書式も文例も含めていっぱい載っています。

 実際に現場で使えるように考えてみよう。(現場によって必要な項目が少しずつ違ってくるとは思います。

 私自身の4月からのことで、少しあせっていたのが、具体的に考えられるな、と落ち着くことができました。


 なお、これを日本で、スクールワイドから Prefecture Wide にやったのが徳島県になるんだろうな。





posted by kingstone at 23:50| Comment(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日のつぶやき














































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする