私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年02月13日

万葉ポピュリズムを斬る 品田悦一著




 だいたい「〜を斬る」というたぐいのタイトルがついた本って、あまり面白かったためしはないのですが、この本は面白かったです。

 著者の主張は3つほどかな?

1.天皇から庶民までの歌が集められているというが庶民の歌は入っていない。

2.改元というが、もともと元号とされているものは年号と呼ばれていて(しかし元号と書いた例が古代に1例はある)、天皇1世代に1元号というのは、明治の旧皇室典範で初めて規定された。

3.2019年に「国書」と紹介されたが、国書とはある国の支配者から他国の支配者に送られる親書のことで、万葉集は国書ではない。
(でもなあ、国花(桜、法定ではない)、国鳥(キジ。1947年日本鳥学会において国鳥に選定した)のノリで言ってしまったのかな?)

4.国学の高まりで再評価され、明治維新で国民意識を高めるために称揚された。(それまではほぼ忘れらていた。つまり国民的歌集とかではない)


 たとえば Wikipedia 「万葉集」でもこう説明されています。

天皇貴族から下級官人防人(防人の歌)、大道芸人、農民、東国民謡(東歌)など、さまざまな身分人々が詠んだ歌が収められており

 これを「天皇から庶民まで」と表現されることが多く、私もそう習ってきたような気がします。

 でも、そんなことはなく、せいぜい地方豪族(あるいは有力者?)までである、と。

 これは納得できます。


伏廬(ふせいほ)の 曲廬(まげいほ)の内に 直土(ひたつち)に藁(わら)解き敷きて
 という庶民の家の情景が出てきますが、山上憶良は国司なんだから、このような家に住んでいたわけがない。

 やはり Wikipedia の貧窮問答歌のところに

近年までは貧者が更にそれよりも貧しい窮者にその窮乏を問うものであるというのが定説であったが、現在では貧者に対する問答の歌と解して役人が貧者を尋ねているという説が有力視されている

とありますが、そうやろなあ、と思います。

 で、私などは Wikipedia の記述を引っ張ってきてあれこれ書いてますが、品田さんは(当たり前ではあると思いますが)たくさんの元の文、たくさんの論文にあたられて、研究の結果として書いてはる。

 例えば「民謡」ではない、というのを証明しようとして日本の民謡を調べ上げ、関連書籍を図書館にこもって半月以上、朝から晩まで読んではったそう。

 ただ大伴旅人の歌は、藤原氏が権力を握っていくことへの反発がこめられている、というのはどうなのか?

 よしんば旅人にそういう思いがあったとしても、それがわかるように書いてしまうと、当時だと長屋王の変みたいに、冤罪で殺される可能性もあったし、もうただただ「いやあ、あなたには逆らいません。靴の裏でもお舐めします」という恭順の意を示すことしかできなかったのじゃないかなあ、とは思います。


 しかし、国民的歌集ではないとしても、「万葉集」はすごく魅力的な古い歌集だし、また読んでみたいな、と思わされました。



posted by kingstone at 16:47| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日のつぶやき




























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

2021年02月11日のつぶやき


























































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

Dr.イワケンの ねころんで読める 英語論文  岩田健太郎著




 もう最近は、Twitter の英文とかも、読む気力無く「翻訳」ボタンを押して日本語を読んでしまいます。

 ワーキングメモリもすり減ってるのか、いったん単語の意味を頭に残しておいて、続く文を読んで全体の意味を理解するなんてえのも、からっきしできなくなってしまいました。(もともと大学入試以降、つまり50年近く、まともに英語を読んだことが無かった・・・)

 新年度から社会人枠で大学院で学ばせてもらうので、やっぱ英語論文も読まないといけないのかな、と思い買ってみました。

 論文の構造や、頻出語句、慣用句などの説明があり、どうやって手を抜きつつ必要な情報を得るか、ということがよくわかります。

 途中にも頻出語句、慣用句、いろいろ出てきますが、巻末にまとめられた頻出語彙のリストがあります。ところが、字が小さくて読めない(泣)

 ワードで打ち直して印刷しようと思います。

 論文を読み慣れていない人はアブストラクトからまず読んでみる、という勧めに従って、ここ数日、アブストラクトだけ毎日読んでます。

 するとこの本に出てきた単語や慣用句がやはりいろいろ出てきます。

 でも医学論文と教育系論文では、アブストラクトの形式が少し違いそうですが。

 まあ、しかし、それ以前に私の英単語語彙力が壊滅的なので、とにかく読み続けて語彙を増やさないとなあ。

posted by kingstone at 22:24| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日のつぶやき






























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする