私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年10月05日

白人ナショナリズム 渡辺靖著



アマゾンの書影をいつものように出そうと思ったけど出てこない。
またサーバーがトラブってるのかな?

白人ナショナリズム アメリカを揺るがす「文化的反動」

読書メモ

ジャレド・テイラー 米国白人至上主義の指導者的存在
「アメリカン・ルネサンス(雑誌)」を主宰
アメリカン・ルネサンスの年次会合にはアンティファ(anti-fascist)がデモをかける
会合では故サミュエル・ハンチントン(「文明の衝突」で有名)の「分断されるアメリカ」が平積み。ハンチントンは南アフリカのアパルトヘイト撤廃に反対していた。


その他の団体や単語

ペイリオコン
KKK(クー・クラックス・クラン)
KKKK(クー・クラックス・クランの騎士(ナイト))
米国自由党(AFP)
オルト・ライト


自分たちが
「リベラルな社会秩序の「犠牲者」である」
という認識。

「白人の公民権運動」

あと黒人やヒスパニックの人口がどんどん増え、白人は「絶滅危惧種」のような意識もあるみたい。

遺伝の顕性、潜性で言えば皮膚の色は濃いほうが顕性だろうし・・・(あれ?ヒスパニックって白い人もそこそこいるんじゃない?)

それから白人ナショナリストは反ユダヤ主義の人が多いらしいのだけど、ユダヤ人って「ユダヤ教を信じる人」で、これまた皮膚の色は白から黒までいろいろあるんじゃない?

そしてなぜか日本への親近感(移民をあまり入れずうまくいっている、という評価)



対立する団体など

posted by kingstone at 23:29| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日のつぶやき
















































































































































































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする