私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年09月16日

「自閉症の行動要因の特定を志向した動画アノテーションシステムにおける教師の気づき獲得支援機能の検討」を読む(後編)



結局、テンプレートを使っての吹き出しへの入力では議論が深まらないということでテンプレートはやめはったのかな。

こんなテンプレートですが。

When
「いつやるねん?」
「いつまでやるねん?」
Where
「どこでやるん?」
「どこに行ったらええん?」
What
「何したらええん?」
「今から何があるん?」
Who
「誰がやるん?」
「誰とやるん?」
Why
「なんでやるん?」
「なんでやらへんの?」
Which
「どっちなん?」
How
「どうすればいいん?」

 しかし、これらは著者が「このあたりがご本人にわからないことが、トラブルの原因」と分析され取り出したもの。

 で、もちろん動画に書き込んでもらっても、議論が活発になったり、気づきが起こったりということがなかったわけです。

 う〜〜ん、被験者になった先生がたに、このあたりが大事なんだ、ということがわかっておられなかったし、ピンとこなかった?

 ひょっとしたら、座学で事前に「このあたりが大事です」ということをお伝えしておかなければならなかった?


 ま、いずれにしろ、著者はここから

「いいね」
「イライラ」

の2種類の感情アノテーションにしぼって被験者にやって頂く、という方法に変えられます。

 そして、複数のアノテーションがついたところについて議論をすると気づきが起こりやすかった、と。

・同じアノテーション
・違うアノテーション

 いずれの場合も、議論が活発になりやすかったと。

 今後の課題の「●気づき獲得」のところで著者はこう書いておられます。

・議論の内容については特別支援教育の既有知識に頼る部分が多いため、特別支援教育に関する既有知識を多く有している被験者にとっては、気づきを獲得することが困難であったことから、参加者の条件について今後検討する必要がある。
・メンバー構成によっては、明らかに誤った行動の分析をしてしまう可能性があることが示唆された。今後、行動要因分析の正確性について検討する必要がある。
・特別支援教育の知識を有していない被験者は、対象児の表情やしぐさ、あるいは障害種に固執してアノテーションを挿入している可能性があるため、不適応行動の前後関係や不適応行動が起こった際の周囲の様子についても注目できるような機能を準備する必要がある。

 1個目の「既有知識を多く有している被験者」にとっては自分がお子さんについて何か新しい気づきがなくてもいいんじゃないかな?「既有知識を多く有している被験者」なら、そうでない先生がたにいかに気づいて頂くか、いかにそうでない先生方のいい指導に結びつけていくかを考えて頂く役回りじゃないのかな。(注。「教える」とは限らない。ワークショップ式に「自ら気づいてもらう」チャンスを作るために敢えて「教えない」という場合だってある)

 2個目の「明らかに誤った行動の分析」・・・現実としてそうであることはよくわかります。

 現在、特別支援学校教師の80%以上が特別支援教育の免許を持っているそうです。2014年でも50%くらいはおられたのじゃないかな。そして複数の教師が集まって「明らかに誤った行動の分析」になってしまうということは・・・事前の座学の段階、また OJT の段階で間違ったことが行われているのじゃないか・・・

 3個目の「前後関係」「周囲の様子」これも基本中の基本だと思うのですが、その部分を「既有知識を多く有している被験者」が指摘してあげればすむことだと思うのですが・・・


 この論文の教訓としてどういうことが言えるだろう。

 私も新任スタッフの研修のために動画もよく使って来ました。
 でも経験の浅い方に「見せるだけ」では役に立たない、というあたりかな。
 見る時にどういう作業をして頂くのがいいのか。
 それはできるだけ簡単な方がいい。
 また、事前の座学には何が必要なのかな、というあたりか。


















いつどこメモ



 久しぶりの、おめめどうフェローらしい記事です。

今、

を読んでる途中なのですが、この論文は、まとめちゃえば

「お子さんが特別支援学校でうまく動けずトラブルを起こした場面を動画にして、それを元に先生方に子どもの気持ちを吹き出しで書いて頂き、先生方の対応のどこがまずくてどう改善したらいいのかを気づいてもらおう、その簡単な方法を見つけよう」

という内容なわけです。

 で、被験者は学校の先生方の集団のわけですが、なかなか話し合いがうまく深まらない。そこで著者が考えて テンプレートを作ったのですが、それでも話が深まらない、というところまで読みました。

で、著者の作られたテンプレートは

When
「いつやるねん?」
「いつまでやるねん?」
Where
「どこでやるん?」
「どこに行ったらええん?」
What
「何したらええん?」
「今から何があるん?」
Who
「誰がやるん?」
「誰とやるん?」
Why
「なんでやるん?」
「なんでやらへんの?」
Which
「どっちなん?」
How
「どうすればいいん?」

 私が「研究」とかいうのに向かないなあ、と思うのは、このあたりでイライラしてしまって、「そんなん特別支援学校やったら最初からやっとかなあかんやないか」と思ってしまうあたりです。

 著者がトラブルの原因が上記のようなことがわかっていないからだ、と分析されたということは、少なくとも2014年当時の被験者の先生方にはあまり意識されていなかった、ということの裏返しですから。

 もちろん「その時」だけでなく、日常的にあの手この手で伝えていくことは当たり前。
 そして、それに対してのご本人からの意見(音声言語であったり、何かの選択であったり)にも耳を傾ける(比喩的に書いています。ご本人からの意見を理解しようとする、と書いたほうがいいかな。たいていの方は音声言語にとらわれがちになられるから)

 でね、伝えるのはそれこそ小学部入学時からあの手この手でやっておかなきゃいけないんだけど、文字や文がある程度理解できるお子さんだったらめちゃ簡単に、そうでない場合も写真を貼ったり、絵を描いたりして割と簡単に伝えられるメモがあります。

おめめどうの「いつどこメモ」
img20200916_11181928.jpg
いつどこメモB6(縦182mm×横128mm)
80枚綴
本体価格320円(+税)
※2020年9月16日現在です。価格は変動することがあります。

 もちろん Why の部分は別の機会に、How の部分は手順書や、物の置き方などで示すことになりますが。

 これ、ご家庭よりも学校の先生方に人気があるそうです。

 わかります。学校の方がルーチンでなく、新しいことをやらなければいけないことが多いですから。またルーチンでわかっている、と思っていたことが、実はわかっていなかったんだ、ということも多いのでいろんな場面で使ってみて、そのお子さんの安心感(しかしそれはご本人の主観だからわかりにくいか。外から見るなら「落ち着き度」みたいなもんかな)を比較して見たりすることも大事かもしれない。

 そしてこのメモ使用以前のことをいろいろやらなければいけないお子さんも多数おられる、あるいはメモではなく、もっとあの手この手が必要な場合があることはよくわかっています。

 じゃあ、それをちゃんとやっていますか?

 ってことになるわけです。



posted by kingstone at 11:55| Comment(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日のつぶやき


























































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする