私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年08月21日

フラジャイル 第18巻




 岸先生が医療事故訴訟をちらつかされている話。

 いろいろ名言。

弁護士「真っ向勝負する気か」
岸  「勝負じゃないだろ」
弁護士「?」
岸  「どいつもこいつもなんで勝ち負けで測るんだ」
   「誰も悪くない。それを納得することでしか遺族は慰められない」

 そうなんよな。
 教育実践や福祉実践もそう。

「どんな名医でも最初は何もわかりません。所見を頼りに疑い、病名をつけて治療が効けば、初めて正解となります。違ったなら新たに追加された所見で診断を見直す。これを繰り返していかに早く正解にたどりつくか。これが臨床医の基本です。その過程を想像も尊重もできない人に、結果だけでミスだと判断されたら、現場では何もできません」

 教育実践や福祉実践は「治す」というのとは違って、「正解らしきもの」にたどりつき、そこそこ楽しい暮らしを形づくっていく。でも「その人に対しての正解らしきもの」にいかに早くたどりついて実践していくことが大事だよな。

 しかし、伸び盛りの時に、「誤答らしきもの」を金科玉条にした実践を延々と続け、まずくなってる場合は・・・

「この病院はひどい。風通しが悪い。小さな権力者と、その顔色を見ることしかできない部下が多すぎる。データやエビデンスじゃない所で診断が動いている」

 教育実践や福祉実践の場合、エビデンスってのは非常に難しい。しかしデータ(今、ここでの姿、暮らし)はわかるわけで・・・

 仕事について

岸 「森井さんはこの仕事面白い?」
森井「・・・面白い・・・と思います」
  「もっと好きになりたいと思ってます」
岸 「そう、じゃあ、腕を磨いてください」
  「上手くなれば面白くなる。面白くなれば好きになります」

 しかし・・・「労働条件も大事だよ」というのが巻末のおまけ漫画に書かれてますが。


 いやあ、この巻で決着がついてないので、次巻が待たれます。


posted by kingstone at 20:25| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日のつぶやき














































































































































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする