私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年02月12日

2020年02月11日のつぶやき


















































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

百戦錬磨 ハロルド・ジョージ・メイ著




 著者は、2018年5月から新日本プロレス代表取締役兼CEO。


 また新日本プロレスのホームページにブログももってはりますね。


 なお、このメイさんのドキュメンタリー、今日(2020年2月11日)21時からNHK BS1 で再放送されます。

 メイさんはオランダ人。

 しかし、お父さんが約半世紀前に日本の食品会社で6年間働き、その間、横浜で8歳から14歳まで暮された。

 その後、父が乳業会社の社長になったインドネシアで過ごし、大学はアメリカのバックネル大学。

 大学最初のオリエンテーションで、学長の「勉強以外の活動にも励んだほうがいい」との言葉で、消防署のボランティアとなり、大学4年間で1000回以上出動し、4年次は司令官にもなってはる。

消防署ボランティアの種類

・救急
応急処置をしながら患者を病院まで運ぶ
・消防
火災消火
・レスキュー
山での遭難事故、交通事故、災害のさいの人命救助

 アメリカやヨーロッパではボランティアの隊員が多く、プロと同じ講習とトレーニングを受けて、同じ資格を取り、同じ活動をする。権限も同じ。
 アメリカでは65%がボランティア。
 (って、日本でも消防団は全員ボランティアだよな)

 メイさんの大学のある町の消防はボランティアのみ。
 しかし消防車8台、救急車3台、ボート1台を運用。
人数  救急>>>>消防>レスキュー
消防、レスキューは人手不足だった。

お客様相談室について

 最近アウトソーシングするところも増えているが、それはお客様相談室の価値を経営陣が理解していないから。
 お客様相談室が異変に気付きやすい。
 また社内の最新の情報がお客様相談室に伝わるように、ある会社では稟議書を回覧する部署にお客様相談室を加えた。


プレゼンについて

大学時代、一般社会人向けパブリックスピーキングのコースをとったが、最下位だった。
・OHPに映す字が小さい
・喋り方が単調
なるほどな。それ以降意識して勉強しはったんやろな。





posted by kingstone at 15:05| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日のつぶやき










































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

2020年02月09日のつぶやき






























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

日産 VS. ゴーン 支配と暗闘の20年 井上久男著




2019年2月20日の出版。

 だからそれ以降の西川さんを起訴するやせんやなどの話は入っていない。

 えーー、ゴーンさんが日産CEOになったのが1999年、もう20年以上前になるのか・・・

 日産は鮎川義介(大叔父井上馨。鮎川は井上の書生もしていた)が、井上の支援で戸畑鋳物(現日立金属)を作ったのが始まり。
 もともと政治とは近い。
 満州を牛耳っていた「二キ三スケ」
 星野直樹、東條英機、岸信介、松岡洋右、鮎川義介

1999年ルノーと提携の前、あと80日で資金枯渇という状況だった。

1999年 5900億円の当期赤字
     ゴーンのリバイバルプラン
2000年 2500億円の当期黒字
     V字回復
1999年以前、天下り社員のいる下請け企業となあなあで高い部品を買っていた。
それをコストカットした。

 この頃、ゴーンさん毎朝他社の違う車に乗って出社し、特徴をつかんでいた、というような話を読んだこともあるな。
 また、自社の車についての会議にも出席し、鋭い指摘をしてたって。
 現場にもよく行ってたし。
 また最初は年棒4000万円を上限にしていたと。

 危機的な状況での荒療治には才能を発揮。

 しかし、その危機が去った後、よりよい組織を作ることができなかったのでは、と。
 社内のリストラで「検査不正」が起きたり、おべっか使いばかりで周囲を固めるようになったり。

2005年以降 ルノーCEOにも選ばれる
       この頃から日産の車の会議でも上の空になってきたと。
2011年以降 まったくの老害

 年棒も4000万円の上限をとっぱらい、どんどん増えていったと。

 自分が老いてまともな運営ができなくなった時のことは常に意識しておかないといけないんだろうな。
 まったくもってひとごとじゃない・・・(私は組織は運営していないが)

posted by kingstone at 00:07| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする