私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2018年04月01日

シールを何枚貯めたら買いたい物が買えるか、見通しをつけるボード



これはシール1枚を1円として、
「何枚ためたら買いたい物が買えるか」
がわかるようにしたものです。

 200円までのもの
200円幅広.png

 700円までのもの。

700円幅広.png

何か作業をしたらシールが1枚もらえて、それをどれくらい(どこまでいったら)買えるようになるか、みとおしをつけるためのものです。

(もちろん、その前に、自分のために自分の好きな物を買う、という体験も必要です。そちらが先です)

本当はもっともっと貯める量が少なくて、早く実現できるものからやったほうがいいとは思いますが。

A4サイズは200円(200枚)まで、
A3サイズは700円(700枚)までシールを貼ることができます。

「10円」とか「100円」とかセルに書いているのは、実は周囲のスタッフのためのもの。

今回は100円ショップで小さなシールを買って来ました。
直径は7mmでした。
しかし100円ショップにはいろいろな色がまじったものしか売っていませんでした。

シール.JPG

事務用品専門店でシールを購入した方がいいと思います。

具体的に使う場合を考えてみました。
結構長期間かかると思うのでラミネートは必要でしょう。

そして、買いたい物の画像をネットから取って来て、これはシールを貼る紙の余白部分に置ける大きさにして、これまたラミネートします。
それを今回はゼムクリップで留めてみました。

マクドナルドのフライポテトだと、Sサイズが150円です。
ネットからメニューの写真を取ってきて印刷紙
余分な部分を油性マジックで塗りつぶしてみました。
しかし結構めんどうでした。
なお、油性マジックはホワイトボードペンを上から塗って拭き取ればまた使えます。
シールもシールはがしなどを使えば取れて繰り返し使えるのじゃないかな?

ポテト買う.JPG


フィレオフィッシュのバリューセットだと620円です。
不必要な部分に厚めの紙を切ってセロテープで貼ってみました。
こっちのほうが、隠す部分が多い時は簡単です。

バリューセット.JPG

なお、元ファイルはMacのエクセルで作りました。
なのでWindowsでは大きさが狂う可能性があるので、PDFにもしました。
私もWindowsで印刷してみましたが、ちゃんともとの大きさで印刷できました。
しかし、なぜかPDFが2ページ(2ページ目には何もない)になってしまっています。
ページ指定ができるなら、そちらで印刷して下さい。
ダウンロードは自己責任で。







2018年03月31日のつぶやき
































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする