私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2017年01月02日

彼はキャラクターとしてはクレイジーな面もあります(笑)(エディー・ジョーンズ)




 前日本代表フォワードコーチだったマルク・ダルマゾ氏について。




 マルクは、ただそこにいるだけで個性の際立つ存在だ。スキンヘッドで鍛えあげられた肉体は周囲の者に威圧感を与えるし、なにやら奇声をあげているところを目にしたこともある。正直にいえば、彼がそばにいるとなにか落ちつかなくなってくる。そんな異分子なのだ。

 日本代表のある選手はマルクの印象をこう語る。
「最初はいったい何を考えているのかさっぱり分かりませんでしたよ。言葉が抽象的だし、練習ではスクラムの上にいきなり乗っかって、思いっきり揺さぶってくるし」

 コーチというよりも、アーティストがひとり混じっているという感じなのだ。エディーさんもマルクの異分子ぶりを認める。

「正直、彼はキャラクターとしてはクレイジーな面もあります(笑)。けれど、スタッフのなかに彼のようなキャラクターがひとりいるとアクセントになるということも見逃してはいけません」

 同じようなタイプの人間ばかり集まると、時間が経つにつれて緊張感が失われてしまいかねない。マルクのような異分子を受け入れることの効用をエディーさんは力説する。

「ヘッドコーチになる人間はバランスが必要です。ただし、スタッフの中には、アーティスティックなコーチやマネージメントに執着する人間がいてもいいんです。そのコーチがもっとも得意とするところに特化してコーチングしてもらい、欠けている部分を他のスタッフで補って、ヘッドコーチがバランスをとればいい」


「彼は本当に素晴らしいコーチです。ただ、ドキュメント、書類の提出を求めたりすると、これが出来ないんです。冗談じやなくて、本当なんですよ。でも、それでいいと思っています。もしも、20年前の私だったら必ずドキュメントの提出を要求していたでしょう。でも、私がそこにこだわりすぎたとしたら、彼はストレスを感じ、コーチングの能力に影響が出る可能性があります。私も経験を重ねたことで、気にしなくなりました」


 今、それこそ「報告書」や「記録」その他「書類」を書きまくっている私ですが、若い頃は全然できなかったな・・・
 まあ当時は、だからといってもアーティスティックなことができていたわけじゃないですけど。
 電子機器を使うようになったことが、書きまくれる要因にはなっているだろうな。

 そして、たぶん、今は、実践についてはアーティスティックと見られるほうかもしれない・・・

 奇声もあげるし、いろいろな面でクレイジーでもあるしね。

 ただ、素晴らしいコーチであるかどうかはわからない・・・


posted by kingstone at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日のつぶやき


































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする