私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年12月09日

みんなで助けようじやないか(エディー・ジョーンズ)




 ハーフタイムに何をしゃべるか、という話題で。

 前半終了直前に受ければ必ずトライに結びついたであろうパスを、ノックオン(ボールを前に落としてしまうこと)してしまい、そのミスでトライを奪われてリードを奪われてしまった選手がいた時。

「チーム全員の前に彼を呼びました。そして、『彼は今までチームの勝利に貢献してきた。みんな、分かっているだろう?けれど、今日はあまりいいパフォーマンスをしていない。だったら、みんなで助けようじやないか』と話したんです」
 エディーさんはハーフタイムに、ウィングの選手を叱責することはしなかった。それよりも、一人ひとりのハードワークが勝利につながることを改めて周知したのだ。そうすれば、ノックオンした彼も救われる。

 これ、崔(チェ)君の作文を思い出す。






posted by kingstone at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日のつぶやき




































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする