私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年11月12日

「通級」「支援級」「通常級」



 Togetterで


をまとめました。


お金の流れで読む日本の歴史 大村大次郎著(その7 明治初期)





読書メモです。

 明治維新のさいの地租改正によって農民は苦しんだ、と思っていたけれど(実際、1876年には一揆も起こっている)、地租改正は、農民の権利を大幅に拡充するものだったとのこと。

 江戸時代の農地は武士が所有。(武士?藩?)
 「版籍奉還」「廃藩置県」によって農地は国家に返納。その農地が無償で農民に払い下げられた。
 そして「地券(壬申地券)」が発行され、それに応じて地租(税金。米でなくお金で)を払うことになった。地券はお金で売買できた。これは近代の所有権とほぼ同じ。

 江戸時代の農民は職業選択の自由はなく、土地の所有権も無かったのが、そういう束縛は無くなった。いわば農地解放であった。

 地租は土地代の3%。収穫米の平均代価の34%程度。これは江戸時代の年貢とそう変わらないが、江戸時代は収穫高が多ければ年貢も増えたが、地租は一定なので、収穫高を多くすれば税の割合は減る。

しかし、明治9年(1876)の米価低落で一揆が起こる。
すると政府は地租を3%から2.5%に減らした。結果的に江戸時代より20%程度の減税になった。


他の産業で見ると


司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」の冒頭で

「まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている」

という時代ですが、大村さんによると、実は日本は江戸時代から「生糸大国」だったとのこと。しかし、開国期はちょうど1840年代からフランス、イタリア、スイスなどの蚕が病気に冒されはじめ、1868年には全滅の危機に瀕したため、日本の生糸が世界市場になだれこんで行ったとのこと。

posted by kingstone at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日のつぶやき












































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする