私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年10月01日

お金の流れで読む日本の歴史 大村大次郎著(その1)






もう古代のところだけでも、めちゃめちゃ面白い。

593(推古元) 聖徳太子が(?) 
        四箇院(悲田院、敬田院、療病院、施薬院)
        をつくった。
       (福祉制度(?)のようなものが昔からあった(?))


645(皇極4) 「大化の改新」という名の財閥解体


 蘇我氏は
   「斎蔵」天皇の祭具などを保管した蔵
   「内蔵」官物を保管した蔵
   「大蔵」全国からの貢ぎ物(税)を収めた蔵
の管理で力をつけ、勢力を増した。

 その蘇我氏の蘇我入鹿を中大兄皇子と中臣鎌足が暗殺し、
 次のような改革を断行した。

   1.土地私有の禁止。全て天皇のものとする
   2.田畑を農民に貸し与え、民を租庸調の税を払う
   3.役職の世襲を廃止、有能な人材をあてる(すぐに有名無実化)
   4.戸籍の整備

租(米。稲。収穫高の3%程度)
   租の一部は朝廷へ。
   大部分は国衙(こくが。地方の役所)に保管。
   国衙に保管した一部を「賑給(しんきゅう)」
   (高齢者・貧困者のために米・塩・布などを支給する
    ある意味福祉制度)
   に使われる以外はほとんどが貯めておかれた。(飢饉対策?)


庸 正丁と呼ばれる成人男子(21歳〜60歳)が
  年に60日間の労役につく。

(今、肉体労働で日給いくらだろう?
 それこそ40年前、とび見習いやってた時は8000円だった。
 今だったら?
 一時、スポーツ新聞の求人欄を見てたら9000円とかになってた
 けど、ほんとまともに上がっていないような気がする・・・
 肉体労働とは言えないかもしれないけど、コンビニとか800円
 前後で8時間だったら6400円前後。
 警備員も私の場合、日給6000円だったな・・・

 もし8000円と仮定すると、60日で48万円。
 で、これが「布を2丈6尺」収めれば免除される。
 ってことは約8mの布が48万円。
 mあたり6万円。

 まあ、今みたいに大量生産できなかったわけだから、
 大島紬とか黄八丈とか、そのレベルの値段になるのかな?)

調 絹、糸、綿、布、鉄、塩、海産物
   この調が朝廷の主要な財源

出挙(すいこ) 春夏の年2回、農民に種籾を貸し出し、
       秋の収穫時に5割程度の利息をつけて返還
       させる。これは貧しい農民は種籾を持って
       いないので助かった。(で、5割の利息と
       いっても、うまくいけば何十倍にも籾は
       増えてるんだろうし)
       しかし、734年頃から財源として当てにされ、
       後には強制的に貸し付けて、正規の税として
       組み込まれた。
       (なんかバブル期の銀行が無理矢理融資を
        押しつけて来た、という話を思い出すな・・・)


737(天平9) 天然痘流行
        これをきっかけとして
741(天平13) 聖武天皇が国分寺、国分尼寺を作ることを命じる。
743(天平15) 大仏造立の決定。
        この財源として「墾田永年私財の法」
        1時的に税収がアップしたが、豪族の
        私田開発が進み、朝廷の財源が減り、
        豪族の力が増す結果に。
        また災害や飢饉などに備えて税の一部を
        蓄えておいた「不動穀」を建設費用に回す。
       (つまり福祉財源を箱物を作るために転用してしまった・・・)
        これらで国家財政が破綻していった。




posted by kingstone at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日のつぶやき


















posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする