私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年08月31日

8月31日(水曜日) 巧言令色 鮮矣仁(論語)



 おはようございます。

 天気予報は晴れ。
 予想最高気温は31℃。
 おお、晴れ、でも31℃なんや。




學而第一の三

子曰
巧言令色
鮮矣仁

これは有名だけど、今まで私は意味を完全に間違えていた・・・

しののたまわく、こうげんれいしょくすくなしじん

で、
「おべんちゃらを言うことの少ない人が立派な人だ」
という意味かと思ってたのだけど、
「おべんちゃらを言う人に立派な人は少ない」
だって・・・

 しかし、まあ「おべんちゃら」と言うから「悪い価値観」が出てくるけど、「上手に褒める」と考えれば「良い価値観」が出てきそうなもんだが・・・

「私は立派な人なのに認められていない」と思っている人をなぐさめる言葉なのかな?
ある意味、孔子も仕える人が変わっていってるから、そういう思いもあったろうし。

posted by kingstone at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日のつぶやき












































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

8月30日(火曜日) 其爲人也孝弟 而好犯上者鮮矣(論語)



 おはようございます。

 天気予報は晴れ時々曇。
 予想最高気温は30℃。
 ちょっと前より5℃も低い。




學而第一の二

有子曰
其爲人也孝弟
而好犯上者鮮矣
不好犯上
而好作亂者
未之有也
君子務本
本立而道生
孝弟也者
其爲仁之本與

 有子と子はどう違うのか?

YAHOO!知恵袋


 なるほど。有若という名前の高弟なんだ。

其爲人也孝弟
そのひととなりやこうていにして
而好犯上者鮮矣
上を犯すことを好む者は鮮(すく)なし

 孝弟って「親には孝行」で「兄や年長者に悌順」だからもともと家族の中で年上の人に素直に従う人のことになる。まあそりゃ、「上を犯さない」人になるやろな。

 だから「論語(ろんご)ガイド」にある「家族を大切にする」というのとは少し違うかも。弟や子どもに対してはそうでもないかも。

 磯田道史さんの「天災から日本史を読みなおす」(中公新書)には、江戸時代に、ある武士が母と自分と子が津波に襲われた時、躊躇せずに母を背負って逃げ、子は犠牲になったという話が載っていた。当時の武士の「孝」の観念からは当然の行動だったらしい。

 なんか、2つ目の言葉から、もう論語は権力のある人(のコンサルタント)の秩序維持(言葉を替えれば支配)のための思想っての、ほんまやなあ、と思うところはあるなあ。


posted by kingstone at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日のつぶやき
























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日