私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年06月13日

ドラマの出演者への視覚支援から視覚優位・聴覚優位の話へ



 Togetterで


をまとめました。


posted by kingstone at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月13日(月曜日) 捨て難き折もあるべし(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は曇り後晴れ。
 予想最高気温は27℃。
 今は、いまにも降りそうな曇りやな。



・第百七十五段(その4)

 かく疎ましと思ふものなれど、おのづから捨て難き折もあるべし。月の夜、雪の朝、花のもとにても、心のどかに物語して、杯いだしたる、萬の興を添ふるわざなり。つれづれなる日、思ひの外に友の入り來て、取り行ひたるも、心慰む。なれなれしからぬあたりの御簾のうちより、御果物、御酒(みき)など、よきやうなるけはひしてさし出されたる、いとよし。冬、せばき所にて、火にて物煎りなどして、隔てなきどちさし向ひて、多く飮みたる、いとをかし。旅の假屋、野山などにて、「御肴(みさかな)何」などいひて、芝の上にて飮みたるもをかし。いたういたむ人の、強ひられて少し飮みたるも、いとよし。よき人の、とりわきて、「今一つ、上すくなし」など、のたまはせたるも嬉し。近づかまほしき人の、上戸にて、ひしひしと馴れぬる、また嬉し。

 この第百七十五段の昨日のところまではさんざん「酒飲み」の悪いところを書き連ねていたのだけど、ここから
「捨て難き折もあるべし」
となっていいところをあげていくわけですね。

「月の夜、雪の朝、花のもとにても、心のどかに物語して、杯いだしたる、萬の興を添ふる」

こういうのはよくわかる・・・ってか今の私は一滴も飲めないので、そのあたりめちゃ寂しいのですが。

「いたういたむ人の、強ひられて少し飮みたるも、いとよし」

これはよくないぞ。
ほんとこれはやめようね。

posted by kingstone at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日のつぶやき




















































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする