私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年05月28日

私は音声言語も大事にしたいのだ



 Togetterで少し前に


をまとめてました。
 こちらに紹介するのを忘れてました。
 短いからエントリにもしてみようか。
ーーーーー
 私は放課後等デイサービスに来られたスタッフさんにOJTする時に、

「1回、音声で言ってわからないようならそれ以上音声で言わない」
「ちょっとこみいったことは音声でなく書いて説明する」

とかできるだけ音声言語を使わないことを指導する。まあ

「短いほめ言葉はいいよ」

とは言ってるけど。
だから音声言語否定派、と思われるかもしれない。

 でも、最近つくづく思い始めたのだけど、私はお子さんにとって、また周囲の人にとって

「音声言語がよきもの」

であって欲しい、

「コミュニケーションの手段」

であって欲しい、とすごく願っているのだよなあ、と実感されてきた。
なんか逆に見えるだろうけどね。音声言語が

「お子さんにとって嫌なもの」

になったり、周囲の人と、本人の関係を悪くするものであったり、そんなものにして欲しくないじゃん。


posted by kingstone at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「改正障害者総合支援法が成立」(2016.5.25)



 Togetterで


をまとめました。

「あれ?ついこないだ同じエントリ書いてたじゃん」と思われるかもしれませんが、そっちは


です。
同じじゃないか?って・・・
よく見ると「発達」「総合」という単語のあるなしなんです。
ややっこしいですね。


posted by kingstone at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月28日(土) 立て篭めて捕へつつ殺しける(徒然草)



 おはようございます。

 今日の天気予報は曇り後晴れ。
 予想最高気温は27℃。



・ 第百六十二段

 遍昭寺の承仕法師、池の鳥を日ごろ飼ひつけて、堂の内まで餌をまきて、戸ひとつをあけたれば、數も知らず入りこもりける後、おのれも入りて、立て篭めて捕へつつ殺しけるよそほひ、おどろおどろしく聞えけるを、草刈る童聞きて、人に告げければ、村の男ども、おこりて入りて見るに、大雁どもふためきあへる中に、法師まじりて、打ち伏せ、ねぢ殺しければ、この法師を捕へて、所より使廳へ出したりけり。殺すところの鳥を頚にかけさせて、禁獄せられけり。

 基俊大納言別當の時になむ侍りける

 これはなんて話だ・・・
 池の鳥をうまく池から堂の中まで誘い込んで、部屋の中で捕まえて殺したと。
 食べるのかな?
 しかし草刈り担当の人が村人にばらしたら、村人たちが怒ってやってきた。で、殺した鳥を首にかけさせて、その場所に閉じこめた、ってことなんだろうけど・・・

 そういった「鳥を殺してはいけない」みたいなことがあったのだろうか?
 それとも「僧」だから?
 う〜〜ん。

 別に鳥を捕まえて食べても良さそうな気がするんだけど・・・

posted by kingstone at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日のつぶやき












































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする