私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年05月11日

5月11日(水曜日) 格式等にも見えずとぞ(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は雨後曇り。
 雨が続くな・・・
 予想最高気温は22℃。
 まあきのうと同じようなもんか。



・ 第百四十七段

 灸治、あまた所になりぬれば、神事に穢れありといふこと、近く人のいひ出せるなり。格式等にも見えずとぞ。


前半の部分は
「お灸をたくさんしたら(跡がいっぱいできたら)、神事をする時にケガレになる(だからやっちゃいけなよ、みたいなことだろうな)」
「近く」って距離のことかと思ったら時間なのね。
で「最近の人が言いだした」ということ。
「格式等にも見えずとぞ」で、古くからのしきたり集には書かれていない、ということ。
つまり

「江戸しぐさって江戸時代にあったんじゃなくて最近の人が言いだしたんだよ」
「江戸しぐさって江戸時代の文献などのソースは無いんだよ」
みたいなことを言ってるわけね。


「灸治(きゅうじ)」お灸による治療

@「格(きやく)」と「式(しき)」。律・令(りよう)の補助法令。
A(身分・家柄・儀式などに関する)規定。しきたり。



posted by kingstone at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日のつぶやき
















posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする