私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年04月29日

4月29日(金曜日) ゆかしきところなし(徒然草)



 おはようございます。

 今日は祝日。昭和の日。

 天気予報は晴れ時々曇り。
 予想最高気温は17℃。
 わおっ・・・昨日より5℃も低い。
 なんか寒いと思ったはずや。



・ 第百三十六段

 醫師篤成(あつしげ)、故法皇の御前に候ひて、供御の參りけるに、「今參り侍る供御のいろいろを、文字も功能(くのう)も尋ね下されて、そらに申しはべらば、本草に御覽じあはせられ侍れかし。一つも申し誤り侍らじ」と申しける時しも、六條故 内府(だいふ)まゐり給ひて、「有房ついでに物習ひ侍らん」とて、「まづ、『しほ』といふ文字は、いづれの偏にか侍らむ」と問はれたりけるに、「土偏(どへん)に候」と申したりければ、「才のほど既に現はれにたり。今はさばかりにて候へ。ゆかしきところなし」と申されけるに、とよみになりて、罷り出でにけり。


 自分で読んだだけではさっぱり意味がわからない。
 下の記事を参考にして、まず六條故 内府と有房が同一人物であることがわかった。
「ゆかしき」が「奥ゆかしい」とかが連想されて何か「いい価値の形容詞」と思ったら違ってた。この場合は「知りたい」「聞きたい」になるんだな。

 結局、「私、ものすごくよく知ってますねん」と言う人に「もうこれ以上聞きたくないわ」ということで、一般の人とオタクとの会話の例と考えればよく理解できる。

「原文『徒然草』全巻」によると、この第136段までが「徒然草 上」で、第137段から「徒然草 下」になるみたいやね。


古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
ゆか・し  形容詞シク活用
   @見たい。聞きたい。知りたい。
   A心が引かれる。慕わしい。懐かしい。





posted by kingstone at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日のつぶやき
































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする