私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年04月27日

4月27日(水曜日) 命を終ふる大事、今こゝに來れりと(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は曇り後雨。
 わっ、そうなんか・・・
 予想最高気温22℃
 カッターシャツで十分やな。



・ 第百三十四段

 高倉院の法華堂の三昧僧、何某(なにがし)の律師とかやいふ者、ある時、鏡を取りて顔をつくづくと見て、我が貌(かたち)の醜く、あさましき事を餘りに心憂く覺えて、鏡さへうとましき心地しければ、その後長く鏡を恐れて、手にだに取らず、更に人に交はる事なし。御堂の勤め許りにあひて、籠り居たりと聞き傳へしこそ、あり難く覺えしか。

 賢げなる人も人の上をのみ計りて、己をば知らざるなり。我を知らずして、外を知るといふ理(ことわり)あるべからず。されば、己を知るを、物知れる人といふべし。貌(かたち)醜けれども知らず、心の愚かなるをも知らず、藝の拙きをも知らず、身の數ならぬをも知らず、年の老いぬるをも知らず、病の冒すをも知らず、死の近き事をも知らず、行ふ道の至らざるをも知らず、身の上の非をも知らねば、まして外の譏りを知らず。たゞし、貌は鏡に見ゆ、年は數へて知る。我が身の事知らぬにはあらねど、すべき方のなければ、知らぬに似たりとぞいはまし。貌(かたち)を改め、齡を若くせよとにはあらず。拙きを知らば、何ぞやがて退かざる。老いぬと知らば、何ぞ閑にゐて身をやすくせざる。行ひ愚かなりと知らば、何ぞこれを思ふ事これにあらざる。

 すべて人に愛樂(あいぎょう)せられずして衆に交はるは恥なり。貌みにくく心おくれにして出で仕へ、無智にして大才(たいさい)に交はり、不堪(ふかん)の藝をもちて堪能の座に連なり、雪の頭(かうべ)を戴きて壯(さか)りなる人にならび、況んや、及ばざることを望み、叶はぬことを憂へ、來らざる事を待ち、人に恐れ、人に媚ぶるは、人の與ふる恥にあらず、貪る心に引かれて、自ら身を恥しむるなり。貪ることのやまざるは、命を終ふる大事、今こゝに來れりと、たしかに知らざればなり。




ここから最後の段落の現代語訳を取り出してみます。

まったく、人に愛されていないというのに、人と交わろうとするのは恥である。容姿が醜いということで気後れしながら仕事をして、無知であるのに偉大な人たちの中に交じり、未熟なのにしたり顔をして、白髪頭で年老いているのに若い人の中に交じり、できもしないことを望んで、叶わないことが分かっている事に悩み、来るはずもない人を待ち、人を恐れて人に媚びている。これは、他人が与える恥ではなくて、自分の貪欲さに引き寄せられて、自分で自分を辱めているのである。貪欲の心が収まらないのは、命が終わる瞬間が、今ここに迫っているという実感がないからである。


ってことは、
「命を終ふる大事、今こゝに來れりと、たしかに知らざればなり」ってのは、
「もう死ぬとわかっていたら、いろいろできるよ」みたいなことか。


しかし徒然草のほうは、例としている「恥ずかしい行為」というのが全然恥ずかしくないんでないかな。
で、兼好法師の言ってるのは「何もするな」に読めてしまうのだけど・・・
で、やって恥ずかしいことの具体例は全て「いやあ、これやってもいいやん」と思えることばかりなのだけどな。

 さて、今日は病院に行ってから、仕事です。

続きを読む
posted by kingstone at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日のつぶやき








































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする