私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年04月26日

4月26日(火曜日) 夜の御殿は東御枕なり(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は晴れ後曇り。
 予想最高気温は24℃。
 でも大阪は27℃になってます。
 なんで3℃も差があるんだろう?



・ 第百三十三段

 夜(よ)の御殿(おとゞ)は東御枕なり。大かた東を枕として陽氣を受くべき故に、孔子も東首し給へり。寢殿のしつらひ、或は南枕、常のことなり。白河院は北首に御寢なりけり。「北は忌むことなり。また、伊勢は南なり。太神宮の御方を御跡にせさせ給ふ事いかゞ」と、人申しけり。たゞし、太神宮の遥拜は辰巳に向はせ給ふ。南にはあらず。


 東西南北が出てきますね。

Wikipedia 方位磁石(文の順序を歴史の古い順に変えています)
 原型となるものとしては、方位磁針相当の磁力を持った針を木片に埋め込んだ「指南魚」が3世紀頃から中国国内で使われていた。指南魚を水に浮かべることで、現代の方位磁針とほぼ同様の機能を実現する。名前に「魚」とつくのは、多くの場合木片を魚の形に仕上げ、魚の口の部分が南を向くようにしたもの(文字通り「南を指す魚」=「指南魚」)が使われていたため。
11世紀の中国の沈括の『夢渓筆談』、正確には「真貝日誌送」にその記述が現れるのが最初だとされる。沈括の記述した方位磁針は24方位であったが、後に現在と同じ32方位に改められた。
方位磁針の改良によって航海術は著しく発達し、大航海時代が始まった。

 それ以前から太陽の出る方向、沈む方向というのは区別がついていただろうけど、道具を使ってはっきり指し示すことができるようになったのは3世紀頃からなんだな。

 しかし兼好法師の頃でも「○○に足を向けて寝る」が○○に対して失礼だろ、とかいちゃもんをつける人がいたんだなあ・・・
posted by kingstone at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日のつぶやき










































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする