私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年04月15日

4月15日(金曜日) 文明らかにして、聖の教へを知れる(徒然草)



 おはようございます。
 天気予報は晴れ。
 予想最高気温は19℃。
 きのうよりはすごく下がってるけど、まあ気温は高いわな。



・ 第百二十二段

 人の才能は、文明らかにして、聖の教へを知れるを第一とす。次には手かく事、旨とする事はなくとも、これを習ふべし。學問に便りあらむ爲なり。次に醫術を習ふべし。身を養ひ、人を助け、忠孝のつとめも、醫にあらずばあるべからず。次に弓射、馬に乘る事、六藝に出せり。必ずこれを窺ふべし。文・武・醫の道、まことに缺けてはあるべからず。これを學ばんをば、いたづらなる人といふべからず。次に、食は人の天なり。よく味ひをとゝのへ知れる人、大きなる徳とすべし。次に、細工、よろづの要多し。

 この外の事ども、多能は君子のはづるところなり。詩歌にたくみに、絲竹に妙なるは、幽玄の道、君臣これを重くすとはいへども、今の世には、これをもちて世を治むること、漸く愚かなるに似たり。金(こがね)はすぐれたれども、鐵(くろがね)の益多きに如かざるがごとし。

「明らかにして」ってのは「詳しく知っている」くらいの意味なのか。
 私自身は「そちら方面には暗くて(詳しくなくて)」という言い方はよくするけど、「明るい」は自分のことはもちろん、他人についても使った記憶が無いなあ。

 でも「彼は経済に明るいよ」とかいう用法は今もあるか。

「手かく事」って習字でしょ・・・これ、私、まったくできないな・・・

 文・武って書いてるから、兼好法師は西行みたいに武士だったのかな、と思ったら、そうじゃないみたいね。神職の家柄だったとのことだけど、それでも武が尊ばれていたのか・・・

「金はすぐれたれども、鐵の益多きに如かざるがごとし」
いや、そうは言っても・・・

posted by kingstone at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日のつぶやき








































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする