私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年04月02日

水筒を置くところ(美しくない視覚支援その2)



 私の視覚支援(書いて・描いて伝える)は美しくないことで定評があります。

 これはもう2〜3年前に作ったもの。

 うちの職場では土曜デイ活動といって、いつもと違う、イベント的なことを楽しんだり、ゆっくり過ごしたり、ということをしています。普段はこの事業所に来ない子が来たりもします。

 で、私が参加した時、どこに水筒を入れたらいいのかとまどっていた子がいたり、音声・指さしで指示し続ける必要がある(と言っても、実は音声はあんまり必要ではなく、どうしてもスタッフさんがつい声で指示してしまいがちだった)子がいたりしたので、物置にあったダンボール箱に「すいとう」と書いて、置きました。

 あとは音声・指さしを1度するくらいですみ、その次の回からは指示なしでもほとんどの子が置けました。

CfCTQp4UMAQIzE_.jpg

 いやあ、しかし・・・さすがに私も「これでいい」と開き直る気はなくて・・・
 「アート引っ越しセンター」の文字もじゃまだし・・・

 私はいつもみなさんに

「私はプロトタイプを作るから、後でいくら美しくしてもらっても、別の物に変えてもらっても怒らないから、よろしくね」

とはお願いしてるのですが・・・(汗)

 でも、結局、便利だし、使えてる(役にたってる)し、でそのまま使い続けて下さってる、ってわけでしょうね・・・

 まあ、逆に言うと、そこらへんにあるもんで、適当に「その場で困っている子のために」この程度の物を作るのって、簡単でしょう?

 私はもう「美しく作る」とかの才能・センスについてははなからあきらめてますし、他のことでやることがいっぱいあるから、そっちをしようと思ってしまうのね。一応、上のフタの部分をカッターで切って、断面はビニールテープで覆う(断面は鋭いので触ると怪我をする危険があるから)というような最低限の配慮はしてます。

 今日、相談支援の仕事をしに行ったら、出てたので「美しくない視覚支援」の例としてちょうどいいや、と撮影してきました。


シャツを入れる(美しくない視覚支援その1)



 私の視覚支援(書いて・描いて伝える)は美しくないことで定評があります。

 先日、シャツがはみ出している子にシャツを入れてもらおうと思って描いたもの。

シャツを入れる.jpg

 どう美しくないか、よくわかるように、トリミングせずにA4の紙をそのままスキャンしました。

・絵が中央から左にずれてる
・描き出しが下すぎる(後のことを考えていない)
・最後、描くスペースが無くなって絵がめちゃ小さくなった。

 でもね、ちゃんと伝わりましたよ(^^)

 また西原理恵子さんの
「人生画力対決第2巻」

に漫画「デトロイト・メタルシティ」の作者若杉公徳さんが出てきてます。
でお題をその場で描いて、西原理恵子さんと対決するわけですが・・・
若杉さん、全身を描こうとすると、足が短く小さくなってます。
ちょうど、頭の上の方から広角レンズで撮影したみたいに・・・

 そう、「プロでもある」ことなんだから、何ら恥じる必要は無い!

(うむ〜〜、比較対象として、少し不適切な点があるか・・・)


4月2日(土曜日) あやまちは、安き所になりて、必ず仕ることに候(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は晴れ時々曇り。
 予想最高気温は20℃・・・
 20℃まで上がるか・・・



・ 第百九段

 高名の木のぼりといひし男(おのこ)、人を掟てて、高き木にのぼせて梢を切らせしに、いと危く見えしほどはいふこともなくて、降るゝ時に、軒長(のきたけ)ばかりになりて、「あやまちすな。心して降りよ」と言葉をかけ侍りしを、「かばかりになりては、飛び降るとも降りなん。如何にかく言ふぞ」と申し侍りしかば、「その事に候。目くるめき、枝危きほどは、おのれが恐れ侍れば申さず。あやまちは、安き所になりて、必ず仕ることに候」といふ。

 あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。鞠も、かたき所を蹴出して後、やすくおもへば、必ず落つと侍るやらむ。


 有名な段ですね。
 木の高いところにいる時は注意せず、下のほうまで下りてきてから注意喚起する、って話。
 まあ「遠足は、無事に家に帰るまでが遠足です」みたいなところ。
 最後まで気をひきしめて、みたいなところやな。
posted by kingstone at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日のつぶやき






















































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする