私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年03月07日

3月7日(月曜日) 月滿ちては缺け、物盛りにしては衰ふ(徒然草)



 おはようございます。
 雨上がりのいい匂いがしてます。

 天気予報は曇り後晴れ。
 予想最高気温は20℃。
 3日連続で暖かいな。
 もう春?



・ 第八十三段

 竹林院入道左大臣殿、太政大臣にあがり給はんに、何の滯りかおはせむなれども、「珍しげなし。一の上(かみ)にてやみなん」とて、出家し給ひにけり。洞院左大臣殿、この事を甘心し給ひて、相國(しゃうごく)の望みおはせざりけり。

 「亢龍の悔いあり」とかやいふ事侍るなり。月滿ちては缺け、物盛りにしては衰ふ。萬の事、先の詰りたるは、破れに近き道なり。



「月滿ちては缺け、物盛りにしては衰ふ」
これはすごくイメージしやすい。
よくわかる。
でも
「先の詰りたるは、破れに近き道なり」
これはどういうことだ?
例えば、今の国家公務員(キャリア官僚)みたいに昇進するごとに同期が減って行き、最後に1人だけ事務次官になるというのが「先の詰まりたる」のイメージなのかな?
確かに「竹林院入道」の話なんかはそれっぽい。
でも、それと「月滿ちては缺け、物盛りにしては衰ふ」は全然違う話じゃね?

posted by kingstone at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日のつぶやき




























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする