私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年02月06日

2月6日(土曜日) あまりに興あらむとすることは、必ずあいなきものなり(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は晴れ時々曇り。
 予想最高気温は11℃。
 まあ過ごしやすいやろな。


原文『徒然草』全巻より


・ 第五十四段

 御室(おむろ)に、いみじき兒のありけるを、いかで誘ひ出して遊ばむと企(たく)む法師どもありて、能あるあそび法師どもなど語らひて、風流の(わりご)やうのもの、ねんごろに營み出でて、箱風情のものに認め入れて、雙(ならび)の岡の便りよき所に埋(うづ)み置きて、紅葉ちらしかけなど、思ひよらぬさまにして、御所へまゐりて、兒をそゝのかし出でにけり。

 うれしく思ひて、こゝかしこ遊びめぐりて、ありつる苔の筵に竝みゐて、「いたうこそ困じにたれ。あはれ紅葉を燒(た)かむ人もがな。験(しるし)あらん僧たち、いのり試みられよ」などいひしろひて、埋みつる木のもとに向きて、數珠(じゅず)おしすり、印ことごとしく結びいでなどして、いらなくふるまひて、木の葉をかきのけたれど、つやつや物も見えず。所の違ひたるにやとて、掘らぬ所もなく山をあされども無かりけり。埋(うづ)みけるを人の見おきて、御所へ參りたる間に盜めるなりけり。法師ども言の葉なくて、聞きにくくいさかひ腹だちて歸りにけり。

 あまりに興あらむとすることは、必ずあいなきものなり。


 あんまり演出に懲り過ぎると、うまくいかないもんやで、みたいなところか。
 しかし「兒」って・・・やっぱり恋愛対象として誘い出してるわけかな。この懲りようを見ると、そうとしか思えないな。


「兒」ってのは「児」ってことか。ならこれだな。
ち−ご 【児・稚児】名詞
   @乳飲み児。あかご。
   A幼児。
   B寺で、出家しない姿のままで
    勉学や行儀見習いをし、また、
    雑用に当たったりする少年。

あい−な・し形容詞ク活用
   @気に入らない。不快である。
   Aつまらない。おもしろくない。
   B不似合いだ。不調和だ。
   C〔連用形「あいなく」「あいなう」の形で〕わけもなく。

posted by kingstone at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日のつぶやき






















posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする