私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年01月19日

1月19日(火曜日) いかばかり恨むらむと、我が怠り思ひ知られて(徒然草)



 おはようございます。

 今日の天気予報は曇り。
 でもって予想最高気温が4℃!!
 昨日の最高気温が11℃だから7℃も低い・・・
 久々にお腹にカイロを貼って行こう。


原文『徒然草』全巻より


・ 第三十六段

 「久しく訪れぬ頃、いかばかり恨むらむと、我が怠り思ひ知られて、言葉なき心地するに、女のかたより、『仕丁(じちゃう)やある、一人』なんどいひおこせたるこそ、ありがたくうれしけれ。さる心ざましたる人ぞよき」と、人の申し侍りし、さもあるべき事なり。



 ええっと、これは男が長いこと恋人をほったらかしにしてて、しばらくぶりに女性のもとに行ったら、なんか気まずいなあと。そう思っていたら女性から何か言ってきてくれて嬉しかった、ということなんだろうけど、女性の言った言葉が何なんだろう?

 例えば時代劇なんかだと
「誰かある」
と言えば、「くせ者だ!誰かいないか!であえ!であえ!」みたいな状況が目に浮かぶのだけど、これは
「下人がいます。一人」
ということだから「下人がいるのでいろいろするのは無理」
ということを言ったのか??
それとも
「下人が一人しかいないからいろいろできるね」
なのか??
いや、そもそも下人がおろうがおるまいが、そんなの関係ねえ、という世界のような気もするし・・・


じ−ちゃう 【仕丁】名詞
   @諸国から徴集されて、諸官庁の労役・
    雑務に従事する役。また、その者。
   A下人(げにん)。宮中・貴族の家・
    寺社・幕府などで、掃除などの雑役
    に使われた者。
posted by kingstone at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日のつぶやき


















































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする