私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年01月05日

1月5日(火曜日) 古き世のみぞ慕はしき(徒然草)



 おはようございます。

 空には薄い雲がかかっています。
 天気予報は晴れ後曇り。
 最高気温13℃。
 昨日より3℃低い予報です。
 昨日よりしっかりした防寒体制をとろうっと。


原文『徒然草』全巻より

・ 第二十二段

 何事も、古き世のみぞ慕はしき。今樣は、無下(むげ)に卑しくこそなり行くめれ。かの木の道の匠(たくみ)のつくれる美しき器(うつはもの)も、古代の姿こそをかしと見ゆれ。

 文の詞などぞ、昔の反古(ほうご)どもはいみじき。たゞいふ詞も、口惜しうこそなりもて行くなれ。古(いにしえ)は、「車もたげよ」「火掲げよ」とこそいひしを、今様の人は、「もてあげよ」「かきあげよ」といふ。「主殿寮人數(とのもりょうにんじゅ)だて」といふべきを、「立明し白くせよ。」と言ひ、最勝講なるをば、「御講(みかう)の廬(ろ)」とこそいふべきを、「講廬(こうろ)」と言ふ、口をしとぞ、古き人の仰せられし。


 要するに「昔は良かった」と懐かしんでるわけですね。
 言葉も最近の人は「はしょって言う」と文句を言ってる。
 マクドナルドをマクドと言うようなことに、「ちゃんとマクドナルドと言えばいいのに」としかめっ面をしてる感じ?

 ところで「思い出は美しくなる」「昔は良かった」「昔はちゃんとしてた」という意見は持ちやすいものですが、ちょうどこんなツィートが流れて来ました。

Max Roser @MaxCRose
100 years ago life expectancy in Japan was 40 and in Korea 24 years.
Look at the impressive improvement since then!


life expectancyというのは「平均余命」のこと

ついてたグラフがこれ

スクリーンショット 2016-01-05 8.22.34.png

 日本は昭和に入るころまでは平均余命が40歳を切ってた。
 その頃、オーストラリアでは60歳を超えていた。
 韓国はやっと30歳を超えたあたり。

 第二次世界大戦末期は
 オーストラリア 70歳弱
 韓国 45歳くらい
 日本 30歳・・・

 東京オリンピック(3丁目の夕日の頃?)だと
 オーストラリアと日本は70歳で並び
 韓国は55歳くらい

 日本も韓国もぐんぐん伸びてる最中。

 そして現在は3つの国いずれも80歳オーバー。

 つまり「昔が良かったというわけでもない」という例。
 でも、もとが低くて、ぐんぐん伸びてる時って、「幸せ」を実感できたり、達成感を持てたり、ということはあるかもな。


もずらいとさんからのコメントがつきました。

>何事も、古き世のみぞ慕はしき。

は、兼好法師の生きた時代の、何も考えずに「古い時代はダサイじゃ〜ん」に対する反論です。昔もその時代の常識でしか判断できない人が圧倒的多数だったということがうかがえます。



 そうか。数の上では

>「古い時代はダサイじゃ〜ん」

というのが多くて、それに対する反論ってわけか。
ふむ。
今の日本だとどうなんだろう・・・

posted by kingstone at 08:40| Comment(1) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日のつぶやき








































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする