私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年12月16日

12月16日(水曜日) 女にたやすからず思はれんこそ、あらまほしかるべきわざなれ(徒然草)



 おはようございます。

 外は真っ暗ですが・・・
 天気予報では曇り時々晴れで、最高気温15℃。
 昨日より3℃低いと。

 でもって、12月も真ん中まで来てしまいましたね。


原文『徒然草』全巻より

・ 第三段

 萬(よろづ)にいみじくとも、色好まざらん男(おのこ)は、いとさうざうしく、玉の巵(さかづき)の底なき心地ぞすべき。

 露霜にしほたれて、所さだめず惑(まど)ひ歩(あり)き、親のいさめ、世の謗(そし)りをつゝむに心のいとまなく、合ふさ離(き)るさに思ひ亂れ、さるは獨り寢がちに、まどろむ夜なきこそ、をかしけれ。

 さりとて、一向(ひたすら)たはれたる方にはあらで、女にたやすからず思はれんこそ、あらまほしかるべき業(わざ)なれ。


 これは面白そうだ。全訳に挑戦してみよう。

 いろんなことにすぐれていても、色好みでない男は、物足りなく、底の無い玉の杯のような感じがする。(肝心のものが無い、というような意味だろうな)
 つゆやしもに濡れて、あてもなくうろうろし、親のいさめや、世の中から悪口を言われて心がいっぱいになり、会えたり会えなかったりで思いが乱れ、結局(うまくいかずに)一人で眠り、気持ちよく眠れる夜がないことこそが、趣がある。
 そうはいっても、ひたすら色恋に溺れるのではなく、女に「この男はなかなか攻めるのが難しい」と思われるのが、かくありたいということである。

 いやあ、別にひたすら溺れてもいいんじゃね・・・ 


さうざう−・し 形容詞シク活用
   物足りない。心寂しい。張り合いがない。
   注意現代語「騒々しい」とは別語。


たは・る 【戯る・狂る】
   @みだらな行為をする。色恋におぼれる。
   Aふざける。たわむれる。
   Bくだけた態度をとる。

posted by kingstone at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日のつぶやき








































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする