私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年12月14日

12月14日(火曜日) 法師ばかり羨しからぬものはあらじ(徒然草)



 おはようございます。

 曇りです。
 天気予報は曇り時々晴れ。
 最高気温16℃。
 ちょっと暖かいかな。


 徒然草、原文というか、漢字かなまじり文を置いて下さってるところを見つけたので、そこから一部引用しつつ、書きます。

 現代語訳(?)は私が考えてやってるので、大間違いも多いかも。

原文『徒然草』全巻より

・ 第一段(の一部)

 法師ばかり羨しからぬものはあらじ。「人には木の端のやうに思はるるよ」と清少納言が書けるも、げにさることぞかし。勢猛(いきおいもう)に、のゝしりたるにつけて、いみじとは見えず。増賀聖(ぞうがひじり)のいひけんやうに、名聞くるしく、佛の御教(みおしえ)に違ふらむとぞ覚(おぼ)ゆる。ひたふるの世すて人は、なかなかあらまほしき方もありなん。


 僧ほどうらやましくない者はない。「他人からは木のはしくれ(のようなくだらない物)のように思われるよ」と清少納言が書いたのも、そらそうやろな。すごく勢いつけて、大声を出すのは、すばらしいとは思えず、増賀上人が言ったように、名声を求めるのは心苦しいし、お釈迦様の言ったこととは違うと思う。一途に世をすてた人の中には、なかなか望ましい人もいるだろう。

 ここ、他は「やっぱりガタイがよくてイケメンでありたいよね」みたいなことを書いてある。で上記の部分は自虐ネタなのかな。

 まあ、イケメンなだけじゃあ、ってことも書いてるけどね。

 なんか書き方としては、枕草子の「春はあけぼの」を思い出す。やっぱり枕草子がエッセイのお手本なのかな。

 
posted by kingstone at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日のつぶやき
































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする