私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年12月07日

12月7日(月曜日) 根日女(ねひめ)(「播磨国風土記」より)



 おはようございます。

 快晴です。
 久々かな。
 最高気温は予報で14℃か。




「古代からのメッセージ 播磨国風土記」の
「古代播磨の女性たち」古山桂子 より

まず根日女(ねひめ)登場以前の話

於奚・袁奚(おけ・をけ)のニ皇子は父を雄略天皇に殺され、家臣の手引きで丹波を経て、美嚢の郡志染の里の石室に潜んだ。今も三木市志染町にある「志染の窟屋」がそれだと伝えられている。
 家臣は絶望して自殺したが、皇子は志染村の首(おびと)の家で下僕として働く。
 首の新築祝いの時に兄弟に歌を歌わせると、自分たちの素性を歌った。
 それをたまたま聞いていた朝廷の役人が驚き朝廷に奏上。
 雄略は亡くなっており、後継者がいなかったので、二人は朝廷にむかえられた。
 二人は天皇になることを譲りあったが、弟がまず顕宗天皇となり、後に兄は仁賢天皇となる。
 二人は仲が良く、なんでも譲り合う。


 根日女は播磨賀毛(かも)の首長、国造(くにのみやっこ)許麻(こま)の娘だった。
 ニ皇子が根日女に求婚した。
 ところが・・・二人は譲りあった。
 根日女は年老いて死んでしまった・・・

 なんじゃい!!

 加西市の北条線の終点、北条駅から東へ2キロほど行った所にある玉丘古墳が根日女の墓と伝えられる。



posted by kingstone at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日のつぶやき






























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする