私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年10月26日

7割返し(反撃の仕方)


 Togetterで

7割返し

をまとめました。

posted by kingstone at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月26日(月曜日) オホナムチとスクナヒコ(「播磨国風土記」より)


 おはようございます。

 快晴。
 寒い・・・


「古代からのメッセージ 播磨国風土記」の松前健さんの部分から。

オホナムチとスクナヒコは播磨の各地で伝承を残している。

オホナムチは全国に伝承が残る神。出雲系。
「日本書紀」の中では大物主神がオホナムチの霊魂の1つとされる。

スクナヒコ(スクナヒコネ)は、記紀ではスクナヒコナ。
一寸法師のような小人の神。
オホナムチの協力者として国造りを手伝い、最後は不老不死の常世の国に旅立った。

オホナムチとスクナヒコは二人組で播磨の各地で伝承を残している。
ある時我慢比べをした。
オホナムチはウンコをするのを我慢し歩き、スクナヒコはハニ土(ハニワや土師器を作る土)をかついで我慢し歩いた。(それ、我慢比べになるのか?)
結局、オホナムチは我慢できなくなってしてしまい、糞が丘になり、さらにはじけてハジカの村という地名になった。
スクナヒコもハニ土を投げ出し、そこの地名となった。

松前健さんは出雲の人たちが神の託宣・予言・卜占・医療・薬方などを職業として日本各地を歩き、信仰を広め、そして地元の神の話と混ざっていったのではないかと考えてはる。


「古代からのメッセージ 播磨国風土記」
上田正昭監修 播磨学研究所編 より



posted by kingstone at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日のつぶやき
























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする