私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年10月07日

LD学会2015で行きたい候補


 Togetterで

LD学会2015で行きたい候補

をまとめました。
自分のためのこころおぼえなんだけどね。

あ、そのままここにコピペできるな。

1日目。
10:00〜12:00「高等学校における特別支援教育の現状と課題」(シンポ)
12:00〜14:00「学びのユニバーサルデザイン(UDL)」(講演)
15:30〜16:30「インクルーシブ教育システムと合理的配慮」(ミニレクチャー)

2日目
9:30〜11:00「特別支援教育支援員の活用について」(親の会シンポ)
12:00〜14:00「ソーシャルスキルからサバイバルスキルへ」(シンポ)
posted by kingstone at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月7日(水曜日) 飾磨の由来(「播磨国風土記」より)


 おはようございます。

 快晴です。
 体が冷える季節になってきたな・・・


大雀(おほささぎ)の天皇(すめらみこと)(仁徳天皇)の時代に、隠岐(おき。字は違う)、出雲、伯耆(ほうき)、因幡(いなば)、但馬(たじま)の国造を呼ぼうと使者を出した。国造たちは使者を船頭にして都に行こうとした。それが罪に問われて播磨に連れて来られて開墾にあたった。その地を飾磨と呼ぶ。

 使者を船頭にするのは失礼ってことか?
 播磨の、そのうちでも現在の播磨町のあたりは古代は日本で一番人口が多かった、つまり農業に開けた地だった、ということだと思うのだけど、飾磨のあたりはそうじゃなかったんだな。

 飾磨というのは、姫路城の南にあたり、川に挟まれた土地だし、昔から開けていても不思議は無いんだけどなあ。罪人を引っ張ってきていわば強制的に開墾する必要があったのか?


 
「古代からのメッセージ 播磨国風土記」
上田正昭監修 播磨学研究所編 より


posted by kingstone at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日のつぶやき


































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする