私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年09月16日

9月16日(水曜日) MEMOIRE(三好達治「測量船」より)


 こんにちは。

 雨です。

 なんか知らないけど、病院の駐車場がいつになくいっぱいです。



MEMOIRE
          三好達治
 秋風に姉が喪くなつた。長い竹箸にその白骨がまた毀れた。竃は煖かつた。あたりには、また秋風がめぐつてゐた。私は子供の頬を舐めた。私は旅に出た。もう恋人からは、稀れな手紙も来なくなつてゐた。海は澄んでゐた。空も青かつた。私は海岸を歩き廻つた。その頃、アリストテレスを読んでゐた。沖に軍艦が泊つてゐた。夕方喇叭が聞えた。また灯が点つた。山上に祭礼があつた。私は稲田の間を遠く歩いて行つた。林間の、古い長い石階を上つた。それは高い山だつた。私は酒を酌んだ。

竃 かまど
煖かつた あたたかかった

「子供の頬を舐めた」????

「沖に軍艦が泊つてゐた」 詩集「測量船」は1930年に出てる。この頃だと、「沖に軍艦」あったら写生とか写真撮影とかできない時代だろうな・・・それともまだそこまで緊張状態になかったろうか?

「もう恋人からは、稀れな手紙も来なくなつてゐた」まあ、恋人・家族として暮らすなら、いろいろたいへんやったやろなあ・・・
posted by kingstone at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日のつぶやき






























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする