私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年07月14日

7月14日(火曜日) 野口ゆか(「播磨ゆかりの50人」より)


 おはようございます。

 晴れ。雲は多い。
 風邪があって涼しいです。


野口ゆか
1866〜1950

 Wikipediaの方は号と言うか、ペンネーム?

野口幽香

 姫路藩士の娘。姫路中(現姫路西高)を中退後、東京師範学校女子部(現お茶の水大学)卒業。
 ふ〜〜む・・・昨日の冨井於菟さんも龍野中学を出てるけど、当時のこの地方の中学って女性も一緒に勉強できたのか・・・
 また野口さんの場合、中退しても上級学校に行けてる。まだまだ制度として未整備だったからできたことかな?
 それって、いいことだよね。

 Wikipediaによると、幼稚園の教諭となった若き野口ゆかさんは、

1894年(明治27年)、華族女学校付属幼稚園が設置された際、幽香が選出され華族女学校付属幼稚園に異動となった。この幼稚園の通勤途中に見ていた、道端で地面に字を書いて遊んでいる子供と、多数の付き添いに命令する付属幼稚園の園児との間に落差を感じ、貧しい子供たちにも保育をと考えるようになった。

で、

1900年(明治33年)1月、貧しい子供たちの為に二葉幼稚園を設立。森島美根と共に設立したこの園は、下六番町の小さな借家を利用したものだった。

 いやほんと、何かを始める時って「小さな借家」とかボロい所から始まると思うんだよね。

 で、その後、この幼稚園は「保育園」の先がけとなっていくわけ。
 なお、野口さん、こんなこともしてる。

1922年(大正11年)、本園に不就学児童のための小学部、母子ホームの先駆となった母の家を設置。

 東洋のフレーベルを目指したんだって。
 また園にキリスト教会を併設するキリスト者でもあったって。

 しかし・・・活動は東京でばっかりやねんなあ・・・
posted by kingstone at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日のつぶやき


































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする