私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年06月26日

6月26日(金曜日) 千姫(「播磨ゆかりの50人」より)


 おはようございます。

 雨です。


千姫
(1597ー1666)

 なんで千姫が「播磨ゆかりの50人」に入ってるんだ?と思ったら、千姫ってなかなか数奇な運命というか、いろんなことがあったんですね。

    曾祖父・織田信秀、祖母・市。

1597 父は2代将軍徳川秀忠。母は江(少し前の大河ドラマ主人公)
    つまり徳川家康がおじいちゃん。
1603 7歳で豊臣秀頼(豊臣秀吉の長男)に嫁ぐ。
1615 大阪夏の陣。(19際)家康の命で助けられる。
    この時、秀頼と側室の間の娘・天秀尼の助命をし、
    天秀尼は縁切り寺として有名な東慶寺へ。
1616 桑名藩主・本多忠政の嫡男・本多忠刻と結婚
1617 本多家が播磨姫路に移封
   (池田輝政はもう死んでるけど、池田家はどうなったんだろう?
    なお、娘、長女勝姫は池田光政に嫁いでいる)

   で、姫路城に入り、播磨姫君と呼ばれるようになったって。
   ここで「播磨ゆかりの50人」に入ることになったわけね。

1626 30歳。夫、本多忠刻死去。本多家を出て、江戸城に入った。
    で、この時から大奥で力を持つようになったわけね。

 へえ、です。
 千姫なんて播磨と全然関係無いと思ってました。





posted by kingstone at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日のつぶやき


































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする