私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年06月05日

6月5日(金曜日) 蛙の子がふえたこと地べたのぬくとさ(尾崎放哉)


 おはようございます。
 曇りです。


蛙の子がふえたこと地べたのぬくとさ
尾崎放哉「尾崎放哉選句集」より
須磨寺太子堂の堂守時代(1924年大正13年)の句。

 「蛙の子」って放哉は「小さい蛙」のことを言ってるのかな?「蛙の子」は「オタマジャクシ」だけど、なんかこの句だと「小さい(けれど成人・・・成体と言うのか)蛙」(例えばアマガエル)」のことを言ってるような気がするな。

 ちょうどこの句の季節は今頃だろうか?
 職場の周囲の田んぼでは、水をはってトラクターが代かきというのかな?耕してるような風景がそこここで見られます。

posted by kingstone at 05:56| Comment(2) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日のつぶやき




































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする