私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年05月16日

六甲山の植生遷移(神戸新聞のコラムから)


 Togetterで

六甲山の植生遷移(神戸新聞のコラムから)

をまとめました。

2015年5月15日 神戸新聞夕刊の1面コラム
「六甲山の植生遷移」
服部保(兵庫県立大学名誉教授・「六甲山大学」実行委員)
がめちゃ面白かったので、その遷移のところをご紹介。

こちらにも、遷移のところだけ、引用させてもらうか。



3千年前 原生状態の照葉樹林(山頂部を除く)
     現在、再度山や摩耶天上寺に残っている。

弥生時代から飛鳥時代 照葉樹林が徐々に伐採され、
     薪、柴、炭などを生産するための「里山林」
     へと転換された。弥生時代から飛鳥時代まで
     は常緑樹の里山林(コジイ林)

奈良時代 落葉型の里山林。(コナラ林)

室町時代 針葉型の里山林(アカマツ林)

江戸時代 アカマツ林が消滅してはげ山に。

明治時代 緑の大切さが認識されるとともに植林が
     進められ、アカマツ林が復元

昭和 マツクイムシのためにアカマツ林が衰退し、
   代わってコナラが優勢となり、現在に至るが・・・

現在 コナラ林は照葉樹林に向かって急速に遷移している。
posted by kingstone at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月16日(土曜日) 雨に降りつめられて暮るる外なし御堂(尾崎放哉)


 おはようございます。

 雨です。


雨に降りつめられて暮るる外なし御堂
尾崎放哉「尾崎放哉選句集」より
須磨寺太子堂の堂守時代(1924年大正13年)の句。

 今日、今、雨が降ってます。
 「降りつめられる」なんかうっとうしいですよね。
 外にも出る気をそがれるし・・・

posted by kingstone at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日のつぶやき
























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする